名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

調子とはそもそも何なのか?

  • HOME »
  • 調子とはそもそも何なのか?

 

こんにちは!

BASEBALL ONE
大川学史です。

 

バッティングで
ヒットやホームランが出ている時
ピッチャーで試合を抑えた時

あなたはただ単に
「調子がいい」ということだけで
済ませてしまってはいませんか?

 

そもそも、、、
調子がいいというのは
どういうことなのでしょうか?

 

その調子というのは
その日の体調のことなのか?
体のキレのことなのか?

どのような要因で
どのような根拠で

調子がいいと言っているのか
知っていなければ
その状態を続けることが
なかなか難しくなるものです。

 

確かに
体調や体のキレというのは
試合に向けて調整して
いかなければいけません。

 

しかし
体調や体のキレは
どれだけ慎重に
調整を行ったとしても
その日によって
違ってくることは
よくあることです。

成長期であれば
身長や体重が毎日同じとは限らず
日々変わってくるものです。

 

毎日同じ体調、体のキレが
一緒にできるなら苦労はしません。

 

毎日違ったコンディションの中で
どのようにすれば絶好調の時のように

スイングがしていけるか?
ピッチングしていけるのか?

こうしたことを
知っておかなければ
いけないのです。

 

調子が良い時は

「ボールが止まって見える」
「なんでも打てる感じがする」

「狙ったところにボールがいく」

こういったことを口にする選手が
いたりするものです。

 

しかし
調子が悪くなった途端に

「ここがこうなっている」
「構えを変えてみよう」
「足のあげ方を変えてみよう」

というように
調子が良かった時には
考えもしていなかった発想で
フォームのことを考え出します。

 

調子のいい時のスイングが
どうなっているのかもわからず

調子が悪くなったからといって
急にフォームを変えても
ただただ悩むだけで

良い方向へ進んでいくためには
時間がかかり過ぎてしまいます。

 

打てていない原因は
違うことにあるにもかかわらず

「調子が悪いから」

という
勝手な思い込みから
フォームを変えてしまうことで
自分の方向性が
わからなくなることは
少なくありません。

 

もちろん!
ピッチングも同様ですよね。

プロになるような選手ですら
こうしたケースがあるものですから

あなたが
こうした状態に陥ることは
ある意味仕方がないことかもしれません。

 

しかし
周りの選手もそうなるのだから
と諦めていてはいけません。

 

野球選手には当然のように
活躍できる選手
活躍できない選手がいます。

 

日本を代表する
イチロー選手が例として
わかりやすいかと思います。

 

イチロー選手は
打てなくなったからといって
フォームや準備などを
変えているでしょうか?

 

いえ、変えていませんよね。

同じルーティーンの中で
最高な状態に持っていけるように
準備をしています。

 

そして
さらに!進化するために
常にバージョンアップさせています。

 

こうした
取り組みこそが調子が良い状態を
継続させる秘訣です

この状態を続けることにより
スキルはどんどん上がっていきます。

 

自分で

なぜ?!
今の足の上げ方のほうがいいのか?

なぜ?!
そうしなければいけないのか?

などと
自分を知っておかなければ
ズレがどんどん出てきます。

 

自分自身を客観的に
見ることがとても大切となります。

野球選手として
レベルアップしていくためには
過去の自分の良い状態に
戻ろうとするのではなく

常に!
フォームをバージョンアップしてくださいね!

 


お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.