名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

チャンスに強い選手になるために!

  • HOME »
  • チャンスに強い選手になるために!

 

こんにちは

BASEBALL ONE
依田徹平です。

 

「チャンスに強い」
という表現を
聞いたことがあると思います。

 

得点圏にランナーがいる時
ヒットを打つことができると
得点がうまれ

そこで
勝負強く打つことができる選手を
「チャンスに強い選手」
とよく言います。

 

こうした選手は打率が低くても
周りからの印象に残りやすく
監督やコーチからも
起用される機会が多いでしょう。

 

逆にヒットは打っているのに
得点圏でのヒットが少ないために
周りからの印象が悪く
「あいつはチャンスに弱い」
と思われてしまい
出場機会が減ってしまう
ということもあります。

 

野球というのは
得点を取り合うスポーツです。

 

いくらチームヒット数が
2桁を超えていても
得点が入らなければ
意味がありません。

 

だからこそチャンスで
打つことができる選手
というのは重宝されます。

 

では、
チャンスで打てるようになるには
どうしたらいいのでしょうか?

 

その鍵は
「メンタル」にあります。

当たり前かもしれませんが
チャンスだからといって
今までと全く違う打ち方にする
という人はいないと思います。

 

しかしながらチャンスになると
ヒットが打てないという悩みを
抱える選手が多くいるのも事実です。

 

ここでは考えられる原因の一つが

チャンスという意識が強すぎて
打たなければという思いから
いつもと違う打ち方を無意識に
してしまっているということです。

 

思い返してみてください
いつも緊張する場面で
動きがガチガチになったり
視野が狭くなったり
してしまってはいませんか?

 

これは
守備のピンチの場面でも
言えることですが

「ミスをしてはいけない」
「ヒットを打たなければいけない」

という思いが強すぎると
緊張から筋肉がこわばってしまい
思い通りの動きが
できなくなってしまいます。

 

こうなってしまうと
いつも通り打つことはできず
チャンスになると
打率が下がってしまいます。

 

このように緊張して思い通りの
プレーができないという選手は
考え方を変える必要があります。

 

例えば
相手のピッチャーなど守備側の
気持ちを考えてみましょう。

 

自分がその立場に
あったと考えると
想像しやすい
かもしれませんが
とてもプレッシャーが
かかっているはずです。

 

バッティングは3割打てば
良いバッターと言われますが
守備は3割という
わけにはいきません。

 

ミスをすればそれが
失点につながりやすいからです。

 

さらにピンチの場面であれば
失点に結びつきやすく
相当なプレッシャーが
かかっています。

 

そう考えると
チャンスの立場にある
バッターとしては
気が楽になるのでは
ないでしょうか?

 

もちろん
ヒットを打つことが一番ですが
どんなに良いバッターでも
チャンスだからといって
10割打つことは不可能です。

 

そうやって少しでも
気持ちを楽に
していきましょう。

 

またそもそも
チャンスの場面というのは
内野も外野も
定位置より浅く守っていることが
ほとんどなので

普通に打ったとしても
ヒットコースは広くなっているので
打てる可能性は高くなっています。

 

こうした2点を考えるだけでも
いつも通りのプレーが
できるようになるはずです。

 

ぜひ
チャンスで打てないという選手は
無理に背伸びをしようとせず
自分ができるいつも通りのプレー
心がけましょう。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.