名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

バッティング 脇を締めることは正しいのか?

  • HOME »
  • バッティング 脇を締めることは正しいのか?

 

こんにちは!

BASEBALL ONE
大川学史です。

 

バッティングでは
脇を開けて打つことが
いけないということは
よく知られているものです。

 

あなたも一度は

「肘をたたんで打つ」
「脇を締めて打つ」
「脇を開けないように」

などのアドバイスを
受けたことはありませんか?

 右バッターでは右肘
 左バッターでは左肘

この肘をボールの方向や
前へ出すようにと
アドバイスされることが
あるものです。

脇が開いた状態では
スイングスピードが減速したり
打球に力が伝わりにくいことから

「脇を開けないように」

ということを言われたりするものです。

 

しかし、、、

このアドバイスは
一歩間違うと
打てない原因の一つ
となってしまいます。

 

何だと思いますか??

このアドバイスが原因で
他に影響を最も受けやすい二つ
事例をご紹介させて頂きます。

一つ目は
「窮屈なバッティングになってしまう」
ということです。

 

当然のことですが
脇が開かないように意識すれば
脇を閉めようとします。

 

本来ならば
力を抜いた状態でも
脇は閉まるものですが

「開いている」という
認識を持った瞬間
強く閉めようとします。

 

昔によく取り組まれていた
練習方法の一つとして
脇が開かないように
脇にタオルなど物を挟んで
脇の開きを矯正する練習
あったりもしました。

 

この練習を
取り組んだ経験がある方は
共感していただけるかと思いますが

スイングがとても窮屈に
感じたことでしょう。

 

これが
脇を締める意識をすればするほど
同じように窮屈なバッティングになり
振り遅れてしまったりするものです。

 

そしてもう一つが
ヘッドがキャッチャー側に
倒れてしまうということです。

 

肘をボールの方向へ
出す動きに対して
肘だけでなく腕全体が
連動してしまえば
当然ヘッドも倒れてしまいます。

 

この時は
手首の形は変えないまま
肘を出して行くことが
大切となります。

肘を出すと言っても
出し方は人により
認識が違うので
注意が必要です。

 

こうした二つの例のように
脇を締める意識をするあまり

本来改善したいこととは違う
打てない原因が新たに
出てきたりするものです。

 

何かアドバイスをするときには
人それぞれ言葉の捉え方や
感覚が違うということを
理解した上で
アドバイスしていかなければ
本来やりたい形、
目指している選手から
ずれてしまうことはよくあるものです。

 

だからこそ!

 

本当にやりたい形を
理解した上でアドバイスしなければ
選手は一向に良くならないものです。

 

ただ脇を締めるだけでなく
その動作の意味を明確にして
サポートしてあげてくださいね!

 

 

打撃解析

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.