名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

ピッチャー 投げる体力をつけるには?

  • HOME »
  • ピッチャー 投げる体力をつけるには?

 

こんにちは!

BASEBALL ONE
好永貴雄です。

 

試合の中で
終盤になるにつれて
コントロールや
スピードが落ちてしまい
打たれてしまう
といった場面をよく目にします。

 

それはただ単に
甘く入ってしまい打たれてしまった
という原因だけではありません。

 

それは投げる体力がなくなってきて
腕の振り、下半身の粘りが
弱くなってきてしまったので
ボールに力をうまく
伝えることができなくなり

打たれてしまうケースが多くあります。

 

よく
ランニングをして体力をつけろ
と言われ投手の選手が
ランニングをしているのですが

ランニングを多くしたからといって
投げる体力が必ずつくとは限りません。

 

ランニングをすることによって
下半身の強化をすることはできるのですが

投げる体力というのは
ボールを投げていく体力になるので
やはりボールを投げていくことが
一番体力がつく動きになります。

僕はスピードよりも
コントロール、投げる体力には
まだ自信があります。

 

それは小さい頃から
走るか投げるしか
やってきていなかったので
投げる体力が自然とついた
のだと思います。

 

投げることが好きだったので
小学生の頃は時間を見つけては
壁当てをしたりして
毎日ボールに触れていました。

 

中学、高校に上がっても
バッティングピッチャーを
自ら投げにいくのが
普通になっていました。

毎日投げることで
力の入れ方がわかり

多く投げようとした時に
必要最低限の力
投げていくことが
できるようになりました。

 

ですので
先発完投が当たり前になっていました。

 

中学生の大会で2日間で
4試合を全て投げたこともありました。

 

最近では肩、肘に
負担がかかるので

イニング制限や
球数制限があり
投げたくても
投げられないのが現状です。

 

試合で球数を
投げることができなければ

チームでの練習や
自宅での自主練習で
ボールを投げていくことが大切です。

 

投げる体力は
投げていけばつきますし

投げることによって
自分の体の使い方
力の入れ方
バッターを見る洞察力
がついてきます。

 

トレーニングで
覚えることもあれば
投げて覚えることも
たくさんあるので
球数を投げることも
忘れないようにしましょう。

 

スクリーンショット 2017-05-29 14.18.10

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.