名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

野球選手にとって重要な空間認知能力とは?

  • HOME »
  • 野球選手にとって重要な空間認知能力とは?

 

こんにちは。
アスレティックトレーナー
阿部将大です!

 

バッティングにおける悩みの中で
「バットにボールが当たらない」
と悩む選手は多いのではないでしょうか?

 

特に野球を始めて間もない選手
小学低学年の選手に多い悩みでもあります。

 

バットにボールを当てるという能力は
実際にはとても難しい能力でもあります。

 

指導するときには簡単に
「よくボールを見ろ!」
「なんで当たらないんだ!」
という言葉もありますが

よく考えてみてください。

 

どのコースにくるかわからず
動いてくるボールに対して
バットを持ち自分の体から
離れたところでボールを
捉えるということは
普通に考えて難しいことです。

 

さらに中学生以上になれば
変化球も加わりさらに
難易度は上がります。

こう考えてみると
野球というスポーツの中で
バッティングというものが
いかに難しいことか
わかるかと思います。

 

それを
まだ野球を始めて間もない選手や
小学低学年の選手がバットに
ボールを当てることができないのも
当然のことなのです。

 

その選手に対して
「よくボールを見ろ!」と言っても
当てることさえ難しいのです。

 

ではどのようなことに取り組んでいけば
バットにボールを当てるということが
可能になっていくのでしょうか?

 

野球のバッティングにおいては
『空間認知能力』というものが
重要な鍵を握っています。

 

あなたはこの
空間認知能力というものを
ご存知でしょうか?

知らない方も多いと思います。

 

『空間認知能力』というのは…
物体の位置・方向・姿勢・
大きさ・形状・間隔など
物体が三次元空間に
占めている状態や関係を
素早く正確に把握、
認識する能力のことを言います。

 

簡単に野球で例えると

キャッチボールで投げられた
ボールのスピードや位置などを
素早く判断してキャッチする能力なのです。

なんとなくイメージがついたかと思います!

 

野球の様々なプレーを
イメージしてみてください。

 

野球のプレーにはほとんど
この空間認知能力というものが
含まれているのです。

 

そのため野球のパフォーマンスを
向上させていくためには
この「空間認知能力」を
向上させる必要があるのです。

 

そんな野球において
とても重要な空間認知能力を
向上させていくトレーニングを
3つ紹介します。

ぜひ取り組んでみてくださいね!

 

・お手玉トレーニング(2個)

・お手玉トレーニング(3個)

・ランジお手玉トレーニング

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.