名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

変化球 球速差を意識して!

  • HOME »
  • 変化球 球速差を意識して!

 

こんにちは。

BASEBALL ONE
上之薗 北都です。

 

変化球を投げていて
投げきっているのに打たれた
という経験はありませんか?

 

変化球を投げる上で
・キレ
・変化量
・コントロール
など様々な要素が
必要になってきます。

 

そのなかでも今回
お伝えしたいのが
球速差です。

 

球速差とは、
持ち球の球種ごとの
球速の差のことです。

 

たとえば、2人のピッチャー
A投手とB投手がいるとします。

 

1人目のA投手は
140km/hのストレート
135km/hのスライダー
130km/hのフォーク
を投げたとします。

3つの球種を投げているのですが
球速差は10km/hしかありません。

もう一方のB投手は
135km/hのストレート
120km/hのスライダー
100km/hのカーブ
を投げます。

このピッチャーの
球速差は35km/hです。

 

ストレートのスピードであれば
A投手のほうが速いのですが
球速差はB投手のほうが大きいです。

 

A投手はどの球種も速い球種ですが
B投手は遅い変化球もあり
配球次第ではストレートを
実測のスピード以上に
打者に体感させることができます。

 

このようなA投手のように
ひとつひとつの
球種が良く球速が速くても
全て速い系のボールでは
打者に対応されやすく
なってしまいます。

 

反対にB投手のように
球速があまり速くない投手でも
球速差のある球種を覚え
有効に活用していけば
抑えていける確率というのは
上がっていきます。

 

私自身、
カーブを投げていたのですが
調子の波の大きい球種で
試合で投げるのは
そこまで多くないボールでした。

しかし、
イニング間の投球練習では
必ず投げるようにしていました。

 

それはなぜかというと
カーブはストレートと
30km/hほどの球速差
があったので

「カーブがある」と
相手チームの頭に
入れさせておくためでした。

 

遅いボールもあるとなれば
狙い球の指示などにも
影響が出るのではないか
と考えて行っていました。

 

これからの時期
新たな球種を覚えようと
考えている選手も
多くいると思います。

 

今回お伝えさせていただいたような
球速差も頭に入れ変化球を覚えていくと
配球の幅が広がっていくかもしれません。
ぜひ参考にしてみてください。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.