名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

ボールを捕るためには…

  • HOME »
  • ボールを捕るためには…

 

こんにちは

BASEBALL ONE
亀浦 俊一です。

 

小学生の選手を
サポートさせていただくと

ボールを捕る意識が強く
グローブを前に出してしまい
掴みにいってしまうことを
よく目にします。

 

あなたのお子様は
どうでしょうか?

 

掴みにいってしまい
グローブには当たっているが
キャッチすることができない。

 

そこで

「ボールをよく見ろ!」

と言ってもなかなか
うまく捕ることができない。

 

なぜ?
ボールを掴みに行ってしまうのか??

なぜ?
グローブに当たっているのに
うまく捕ることができないのか??

 

それは
グローブでボールを捕ろう
としてしまっているからです!

ボールはもちろん!
グローブで
キャッチしていくのですが…

グローブでボールを
掴もうとしてしまうと
力を入れてしまいます。

 

そうすると
グローブが大きく開かずに
グローブの横に当たってしまったりして
うまく捕球ができなくなってしまいます。

 

また掴もうとすると
自分からボールに捕りにいく
動作にもなってしまいます。

 

そこで必要になるのは
素手でボールを捕る感覚
掴むことです!

 

素手でボールを捕るときに
力いっぱい握ることはないですよね?

 

グローブというもので
ボールを捕ろうとしてしまうので
力が入ってしまうのです。

 

グローブを閉じるぐらい
力を入れなくても

手で掴むぐらいの感覚

十分にボールを
捕ることができます。

 

小さいゴミを
拾おうとしたとき
手袋をはめたままだと
拾いにくいですよね?

 

それだけ何かをつけて
捕るという動作は
難しいものなのです!

 

ですので
まずは素手で
ボールを捕る感覚を身につけ

そこからグローブを
使っての捕球練習。

 

それだけで
ボールを捕球することが
上達していきます!

 

PS
グローブも
手にピッタリと
馴染むように仕上げると
守備は上達していきます!

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.