名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

スピードボールを投げるためには?

  • HOME »
  • スピードボールを投げるためには?

 

こんにちは!

BASEBALL ONE
好永貴雄です。

 

速いボールを
投げようとして
上半身に力を入れて
投げてしまうと

初速は速くなるかもしれませんが
終速との差が大きくなってしまう
可能性があります。

 

初速と終速の差が
小さければ小さいほど
キレのあるストレート
だということです。

 

ただ単に腕の振りを
強くすることができれば
球速は上がるかもしれません。

 

しかし、球速を上げて
なおかつバッターを抑えていくには
終速も上げていかなければなりません。

初速と終速の差をできるだけ
少なくすることができれば

キレのあるストレートを投げれて
空振りの取れるボールになってきます。

 

ではそのキレのあるボールを
どのようにして
投げていけばいいのか…

 

それは
腕の振りを速くすることはもちろん
指先にしっかりとボールをかけ
スピンの効いたボールを
投げていくことが大切です。

 

そうしていくには
投手の選手は良く耳にする
下半身を使って投げろ!!
という言葉です。

 

下半身を使えば
どうしてスピードが
上がっていくのか?

人間というのは
上半身よりも下半身の方が
確実にパワーがあります。

 

しかし、
速く速くと意識してしまうと
上半身にばかり力が入ってしまい
下半身の力を上半身に
うまく伝えることができなくなり

力をいつも以上入れているのに
球速が上がらないといったことに
なる選手が多くいます。

 

いかにトップを作るまで
上半身に力を入れずに

そこから

下半身の力を利用して
一気に上半身に力を入れ
投げていくことができるかが
ポイントになってきます。

 

そうすることにより腕がしなってきて
より腕のスイング速度が上がるので
初速が上がることになります。

 

あとは終速も上げていくには
指先にボールをかけて
スピンを強くかけていきます。

 

この時に手首に力が入っていなければ
ボールが抜けてしまうことになります。

 

強い力を作ることが
できたにもかかわらず
肝心な指先まで
力を伝えることができなければ
それまでの過程が
無駄になってしまいます。

 

上半身に頼るのではなく
下半身からの連動を意識することで
スピードがありキレのあるボール
投げることができてきます。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.