名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

ストライクをいつでも取れる投手に!

  • HOME »
  • ストライクをいつでも取れる投手に!

 

こんにちは!

BASEBALL ONE
好永貴雄です。

 

監督、コーチの方に

ストライクを入れてこい!!

と声をかけられた
ことのある選手は
多いのではないでしょうか?

 

ピッチャー心理からいえば

ストライクを取りたいんだけど
思うように投げれないから
どうしたら良いかわからない

というのがあると思います。

 

マウンドで
困らないために
ストライクを狙って
取れる選手になっていきましょう。

 

ではストライクを
取っていくために
何が必要なのか?

 

ストライクを取るために
まず必要なのが

投球フォームを
安定させるということです。

投球フォームが
安定するということは
どういうことなのか・・・

ストライクを取るためには
リリースポイントが
一定になれば
それだけで取れる確率は
かなり上がります。

 

リリースポイントが
バラバラであれば
同じ力の入れ方が
毎回できても
ボールを放す位置が変われば
ボールの軌道も変わってしまいます。

 

ですので
リリースポイントを
一定にできるように
腕の使い方を
覚えなければなりません。

 

その腕の使い方を
安定させるのが
下半身です。

 

前足の着く位置が
毎回微妙にずれてしまうと
それだけでリリースポイントも
変わってきます。

 

土台となる下半身が
毎回同じ動きをするように
筋力、可動範囲を
作っていく必要があるのです。

 

そして一番大事なのが
自信です!!!!!

自分はストライクを
とることができるんだ
という自信が必要です。

 

コントロールに自信がない選手は
ストライクが入るか
不安だと感じています。

 

その不安を
自信に変えていく必要が
あります。

 

自信をつけていくには
ボールをたくさん
投げていくのが一番です。

 

ボールを投げていけば
ストライクを取れるときと
取れない時の体の使い方の
違いに気づくはずです。

 

その違いに気付き出したら
その間違った動きをしないように
意識をしながら投げていきます。

 

同じ動きを続けて
ストライクが取れる体の使い方を
覚えるようにしましょう。

 

そうすれば自信が出てきて
試合でもマウンドで堂々と
投げていくことができます。

 

ストライクをいつでも取れる投手を
目指して体の動きを身につけ
ボールを投げていくようにしましょう。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.