名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

制球力だけがピッチャーのコントロールではない!

  • HOME »
  • 制球力だけがピッチャーのコントロールではない!

 

こんにちは!

BASEBALL ONE
大川学史です。

 

ピッチャーというポジションは
自分のリズム、テンポで
投げることができる
唯一のポジションで

試合のペースを
コントロールすることができます。

 

抑えている時は
どんどん投げ込み
守備のリズム、
攻撃へのリズムを
作り出し自分のペースに
持っていくことができますが

余裕がない状態の時は
自分のペースではなく
相手のペースになって投球をしてしまい
失点をしてしまうケースがあるものです。

 

こうした状況になると
なかなか満足がいく
ピッチングができません。

 

あなたは試合で自分のペースで
投げることができているでしょうか?

自分のペースで
投げることができないと、、、

「投げ急いでいる!」
「テンポが悪い」

そう言われることがあります。

 

このような状態では
投球動作、リズム・テンポなどの
全てにおいて自分のタイミングで
投げることができません。

 

こうした時に
周りが見えてないなどと
「メンタル面」のことを
指摘されたりするものです。

 

しかしこの時に
ピッチャーである
あなた自身で気づき
間合いを取るなどして
変えることができれば良いのですが

なかなか修正できないのが
ピッチャーというポジションですよね。

 

「そもそも、 そういうポジションだ!」

と事前に
認識しておく必要があります。

マウンドに立てば
どんなすごいピッチャーだと
しても緊張もします。

 

そして力みます。

 

フォアボールも当然出します。

 

打たれれば、更に力みます。

 

だからこそ!!

 

常に間合いを取ることを
大切にした練習をする
必要があります。

 

間合いを大切にすることで
自分の投球のタイミングを
感じることができるようになります。

 

この投球のタイミングを
感じることができれば
力みも半減するので
試合で緊張し、力む中でも
意外に冷静になることもできるのです。

 

そして
投げ急いでいる!と言われる状態で
多くのピッチャーは
体重移動のタイミングが
ずれていることが多いものです。

 

この体重移動のタイミングを
合わせることにより

ピッチャーとして
大きくレベルアップ
していくものです。

 

事前に知って
練習に取り組む選手と

知らずに行き当たりばったりの
練習で取り組むピッチャーでは

大きく差が出てしまいます。

 

常に!間合いを意識し
タイミングを大切にした
練習を行いませんか?

 

コントロールが悪くても
タイミングさえあった状態で
テンポよく投げ込むことができれば

バッターというのは
ボール球でも振ってくれたり
初球からどんどん
振ってくれたりするものです。

 

まずは
あなたがバッターなら
どんなピッチャーの
テンポが嫌なのか?

ということを考えていくと
取り組むべきことが
見えてきますよ。

 

試合で勝つために
必要なコントロールは
「制球力」だけでは
ありません。

 

こうした考え方も
立派な『技術』です。

 

これから本格的なシーズンが始まり
試合が増えてくるかと思います。

 

この試合が始まる
今だからこそ
テンポを大切にして
取り組んでくださいね!

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.