名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

線となっていけてるか?

  • HOME »
  • 線となっていけてるか?

 

こんにちは。

BASEBALL ONE
吉田真人です。

 

シーズンも始まり
大事な試合が控えている
という選手もいるのでは
ないでしょうか?

 

大事な試合となると
やはり勝ちたいですし
結果も出したいものです。

 

そこで今回は
自分も結果が出せて
チームとしても
勝てる方法を紹介します!

 

野球は相手より
多く点を取れば勝つ
スポーツです。

 

点を取るためには
バッティングは大切です。

そのバッティングで
「チームバッティング」
あなたは耳にしたことは
ありますか?

 

そのチームバッティングが
多く点を取ることになり
試合に勝ち、自分も
結果を出すことに
繋がっていきます。

 

そもそも
チームバッティングとは
なんでしょうか?

 

「バント、エンドラン?」
「全員がヒットを打てる打線?」
少し難しいかと思います。

ではあなたは
試合中、チームメイトと
話をしていますか?

 

「相手投手どう?」
「最後のボールは?」
こういった会話を
していますか?

 

自分自身では
一人の投手との
対戦はわずかですが
チームとして考えれば
打席数は多くあります。

 

また自分では気づけないことも
チームメイトに聞くことで
気づくこともあります。

 

打線が線になっていない
なんていう言葉も
解説を聞いていると
耳にしますが

1番から9番までいる中で
なに一切話さず
自分のことだけに
集中していれば

1番目の人が打つ
2番目の人が打つ
といった形で
打線が点となってしまいます。

しかし
自分の前後の選手と
話をすることによって
相手の情報を共有することで

点と点が結べて
打線が線となります。

 

それがチームバッティング
となっていくのです!

 

そういうベンチでの会話が
情報収集になり
攻略法が見つかりますし

チームとしても
その弱点をついて
いけることになります。

 

あなたは
自分一人で戦っていませんか?

 

他の選手からの
情報を得て

結果、勝利を
引き寄せていきましょう!

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.