名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

考える野球

  • HOME »
  • 考える野球

 

こんにちは!

BASEBALL ONE
好永貴雄です。

 

試合で勝ちたい
活躍したいと
選手であれば必ず
頭にあるかと思います。

 

しかし、そのためには
どうしていかなければならないのか・・・

 

ただがむしゃらに
ボールを投げる・打つでは
いけません。

 

野球のいうスポーツはいかに
頭を使ってするかなのです。

 

例えば、投手の選手が
活躍をするために
何が必要か。

 

ストライクを取ることができるのも
もちろんいいことなのですが
ストライクを取るだけでは
活躍は難しくなります。

 

ストライクを取っていく中で
バッターをどう抑えていくか
がポイントです。

 

僕がマウンドに上がって活躍をして
なおかつ試合に勝つために
考えていたのは
『タイミング』です。

タイミングをいかにずらして
・バッターにフルスイングをさせないか
・ランナーに盗塁をさせないか
そんなことを考えながら
マウンドに立っていました。

タイミングといっても
投げるテンポを
変えるだけではありません。

 

投げるボールの球種一つ一つの
ボールの回転数やスピードを
自分なりに変えながら投げていました。

 

回転数を増やして
ボールのスピードを落とせば
変化球の曲がり幅は
大きくなりますし

ストレートであれば
スピンが効いているので
キレのあるボールになります。

そうすればバッターとして
ほんの少しタイミングがずれ
ファールになったりするので

そういったボールを使いながら
ピッチャー有利のカウントに
持っていって抑えるようにしました。

 

毎球毎球、全力で投げていると
疲労が溜まってしまい
1試合を通して同じ力で
投げることが難しくなります。

 

力を入れないといけない場面
力を抜く場面を見極めるには
経験も必要です。

 

ですのでチームでの
シートバッティングや
紅白戦、もしくは練習試合で
色々試して
考えるピッチングを
見つけることが大切です。

相手に嫌がられるピッチャーに
なるようにしましょう。

 

そのためには
自分を知り
相手を知る

漠然と野球をしていては
成長が遅れてしまいます。

 

考えることのできる
野球選手になりましょう。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.