名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

飛距離を伸ばすには下半身の使い方が重要

  • HOME »
  • 飛距離を伸ばすには下半身の使い方が重要

 

こんにちは

BASEBALL ONE
亀浦 俊一です。

 

大谷選手がまた
ホームランを打ちました!!

清宮選手もプロ野球
第一号を打ちました!

 

野球をやっていれば誰もが
ホームランを打ちたい
遠くに飛ばしたい
と思うにはずです。

 

そのホームランを
打つことに憧れているが
なかなか飛距離が伸びずに
悩んでいる選手は多いはずです。

 

飛距離が出る選手と
出ない選手の違いは
どこにあるのか?

自分は体が小さいから、
パワーがないからと言って
諦めてはいないでしょうか?

 

そんなことはありません!

しっかりとした打ち方で
きちんとボールに力を伝えれば
打球は遠くへ飛んでいきます。

 

バッティングは
ヘットスピードが
速ければ速いほど
ボールとの衝突が強くなり
ボールが遠くへ飛んでいきます。

 

よく遠くへ飛ばそうとして
腕に力を入れて
フルスイングをして打つ
選手をよく見かけます。

 

しかし、そこに
落とし穴があるのです。

 

腕に力を入れれば入れるほど
ヘッドスピードは
遅くなってしまいます。

ヘッドスピードが遅くなる
ということは
バットが出てこない
ということになり

詰まったり、
ボールを擦ってしまい
全く遠くへ飛ばなくなります。

 

上手く力を抜いて
あげることによって
バットのヘッドが
出てくるようになります。

 

そうすると遠心力が働き
ヘットスピードが速くなり
インパクトで強い力が
ボールに伝わることで
遠くへ飛んでいきます。

 

腕に力を入れなければ
どこに力を入れるのか?

あなたは理解しているでしょうか?

それは“下半身”です。

 

下半身が大切なのは
野球をしていれば
当たり前のことですが
知っているようで
知らないのが
下半身の使い方です。

 

下半身と言っても
腰なのか、足なのか
何処を使えばいいのか
理解できていない
選手は多くいます。

 

その結果、思ったより打球が飛ばず
結局腕に力が入ってしまうのです。

 

 

今回のポイントは
『体重移動』です。

 

この体重移動をするためには
軸足の膝が重要になります。

 

ではどのように
軸足の膝を使えばいいのかを
今回はお伝えしたいと思います。

 

軸足の膝は回転させる
だけではありません。

膝が回転だけしてしまうと
軸足の回転が速くなり

そうすると膝が内側に
入り過ぎてしまい

腰の回転が上手くできず
結果的に下半身の体重移動が
できなくなってしまいます。

画像のように
一度膝が踏み込み足の方向に
移動し回転動作が始まります。

 

そうすることで
膝が踏み込み足の方向に動いた分
体重移動を行うことができ
踏み込み足の股関節へ
体重が移動します。

 

この膝の動きが速ければ速いほど
下半身の回転スピードが上がり
上半身に力が伝わることで
飛距離アップに繋がるのです。

 

今回紹介した
下半身の使い方は
ほんの一部ですが

このポイントを
押さえておくだけで
飛距離が大きくアップします!

 

あなたも
ホームランを打つ可能性は
十分にあります。

 

是非
諦めずに取り組んでみて下さい。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.