名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

ピンチをチャンスに変えるフィールディング

  • HOME »
  • ピンチをチャンスに変えるフィールディング

 

こんにちは!

BASEBALL ONE
好永貴雄です。

 

試合の中で
バント処理を行う機会というのは
そこまで多いものではありません。

 

しかし、確実に
アウトを取ることができるプレーを
雑に行なってはいませんか?

 

バント処理でミスをしてしまい
そこから崩れてしまう
といったことがあるかと思います。

 

確実にアウトにしなければ
いけないプレーです。

 

アウトが確実にもらえるからといって
簡単にバントを成功させるわけには
いきません。

 

バントさせる中でも
ランナーをアウトにさせる
処理を狙っていかなければ
ならないのです。

 

それはまず、
バッターにプレッシャーを
与えることです。

 

どのようにバッターへ
プレッシャーを与えるかというのは
投球をしてからのダッシュです。

このダッシュをおろそかにしてしまうと

アウトにできるバントでも
走者をアウトにできなかったり

バッターランナーの足が
速ければセーフになり
ピンチが広がってしまう
恐れがあります。

 

ですので、バントの打球に対しては
常にダッシュをした中で捕球をして
送球につなげていくように
しなければなりません。

 

バントの中で
左投手が特に気をつけて
もらいたいのが

ランナーが2塁にいる
場面でのバント処理です。

 

ランナーが2塁にいる場面では
投手は投げたらサード側に
ダッシュをしていきます。

 

それは
ファーストの選手も
ダッシュをしてくるので
ファースト方向の打球は
任せます。

 

ですので、投手の選手が
サード側を処理していくのです。

 

右投手であれば
バントに対して
最短に入っていっても
サードに送球を
することはできるのですが

左投手の場合は
最短で入っていくと
そこからの送球が
難しくなってしまうのです。

 

続きは動画で・・・

 

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.