名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

握り替えが苦手な野手必見!握り替えができない原因とは?

  • HOME »
  • 握り替えが苦手な野手必見!握り替えができない原因とは?

ロゴ

 

こんにちは!

東

 

 

 

 

 

BASEBALLONE
東弘明です。

 

守備で
よく指導されるポイントの一つが

「頭が突っ込んでいるぞ!」

という内容です。

 

ではそもそもなぜ
頭が突っ込んでしまっては
いけないのでしょうか?

 

今回はその理由と
頭が突っ込んでしまう一つの原因と
その改善方法を
お伝えしていきたいと思います。

 

まずはじめに

なぜ頭が突っ込んでしまっては
いけないのか?ということを
理解しなければいけません。

 

あなたは何故捕球時に
頭が突っ込んではいけないのか?
という理由を説明できるでしょうか?

 

頭が突っ込んではいけない理由は

頭が突っ込んでしまうことで
捕球位置が股の真下あたりにきてしまい
グラブが立ちすぎてしまうことで
握り替えがスムーズに行いにくく
なってしまうからです。

gateway-1

 

更に内野手というのは
ランナーがどこまで進んでいるのかを
視界に常に入っているように
しておかなければいけません。

 

頭が突っ込んでしまうことで
その視界が狭くなってしまい
ランナーがどこまで進んでいるかを
確認できず捕球してからランナーを見ると
意外にもランナーが進んでいて
急いでスローイングに移ってしまい
エラーに繋がってしまうという
ケースも多くあります。

 

こうした理由があるからこそ!

頭は突っ込んでしまってはいけないのです。

 

何事にも言える事なのですが
注意されたことを

何故〇〇をしてはいけないのか?

というのを理解することが
改善への近道です。

 

少し話は変わりますが
人は何故〇〇をしてはいけないのか?

という理由があるからこそ
改善しようとするものです。

 

理由がわからなければ
改善する意味もわからないですし
改善の仕方も
わからなくなってしまいます。

 

そうすると
自主練習が続かない原因にも
繋がってきてしまうのです。

 

少し話が逸れてしまいましたが
考え方を変えることも
野球の技術を向上させる
一つの方法です。

 

ですので
何事においても
なぜそうなってしまってはいけないのか?

ということを
まずは考えるようにしましょう!

 

ss

 

 

本題に戻りますが
守備でも頭が突っ込んでしまうと
捕球位置が近くなってしまい
握り替えが行いづらくなったり
視野が狭くなりランナーの進行状況が
確認できなくなってしまいます。

 

頭が突っ込まないようにするためには
体重移動の行い方が
非常に大切になります。

 

多くの選手が体重移動というと
下記画像のような形で
行ってしまいます。

gateway-3

こうなると握り替えがスムーズに
行いづらく遅くなってしまいます。

体重移動を行う際にはなるべく
頭の位置が変わらないように
体重移動をしていかなければいけません。

 

そうすることで
体も流されず頭も突っ込まずに
捕球していけます。

gateway-2

このように体重移動を行うことで
握り替えもスムーズにできますし
目線もブレずに
捕球していけるため
ミスも起こりにくくなっていきます。

 

体重移動の行い方を改善することで
頭の突っ込みや体重が流されるのを
改善していけるのです。

 

この体重移動の行い方を
改善することで
グラブの操作も
しやすくなるため
握り替えもスムーズに
行えるのです!

 

もちろん!

頭が突っ込んだり
体が流されるのは
これだけが原因ではありません。

 

他にも様々原因がありますが
今回は原因の一つを
お伝えさせていただきました!

 

ぜひ!どうしても頭が突っ込んでしまい
握り替えがしづらい…
というような悩みを抱えているのであれば
体重移動の行い方というのを
改善してみてください!

 




スクリーンショット 2017-05-08 17.07.50

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.