名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

新チームになったときにピッチャーに必要な考え方

  • HOME »
  • 新チームになったときにピッチャーに必要な考え方

 

 

こんにちは。

 

 

 

 

 

BASEBALL ONE
上之薗 北都です。

 

高校生の選手の中には、
残念ながら夏の大会が終わり
新チームに移行した選手
いることと思います。

 

新チームになると
コンバートをする選手
ピッチャーを始めるという
選手もいると思います。

 

また、すぐに
来春のセンバツの予選である
秋の大会も始まっていきます。

 

そこで今回は
新チームになったときにピッチャーに
必要な考え方をお伝えしたいと思います。

 

まず、新チームになったときに
必ず起こることがアピールです。

 

旧チームで試合に出ていたとしても
新チームでは、
また再度全ての選手にチャンス
与えられます。

このチャンスを活かした選手が秋の大会に
出場することができるのです。

 

これは、ピッチャーとしても同じです。
秋の大会は特に
ディフェンス面の強いチームが

勝ち上がる傾向があります。

 

これは、夏と違い
チームが出来上がっていないため
バッティングなどの攻撃面よりも
ピッチャーをはじめとしたディフェンス面の
エラーやミスによって
試合が決まることが増えるためです。

 

ここでピッチャーとして
考えなければいけないことは
エラーやミスを少なくするために
なにができるかということです。

 

その一つとして
ピッチャーができることに

「テンポを良くする」

ということがあります。

 

この「テンポを良くする」ということは
実際にどういったことなのか
ピンとこないかもしれませんが

・投げる間合い
・ストライク率の高さ
・周りへの声かけ

など様々な要素が合わさり
テンポを良くするということにつながります。

 

ただ、キャッチャーからの
返球を受けたら
すぐに投げればいい
というものでもありません。

 

そのなかでも
ストライク率というのは数字として
表すことができます。

このストライク率を
70%以上というのを
一つの目安として取り組んでみてください。

 

ストライク率70%ということが出来ると
四球も減っていき
無駄な走者がなくなると

守備でも焦ることが
少なくなるため、ミスも減っていきます。

 

ただし、全てストライクを
投げればいいというものでもありません。

カウントや場面によっては
ボール球が必要な場面は必ずあります。

 

ピッチングをするときや練習試合から
ストライク率70%以上を目安に
取り組んでいきましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

 



スクリーンショット 2017-05-29 14.18.10

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.