名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

ダッシュメニューをより実践へ近づけよう!

  • HOME »
  • ダッシュメニューをより実践へ近づけよう!


こんにちは!

 

 

 

 

BASEBALL ONE
大崎裕司です!

 

 

高校野球では今年も
甲子園の切符をかけた戦いが
各地で始まりましたね!

 

そして早くも沖縄県では
代表が決定しました!

 

例年同様
好投手、好打者が全国に沢山いるので
非常に楽しみな大会になりそうです。

 

また小学生中学生
この夏に全国大会を
控えているかと思います!

 

このような時期は
アップやトレーニングで
どのようなダッシュや
瞬発系のトレーニングを
した方がいいですか?

 

という質問をよく頂きます。

 

・キレを出していきたい!
・反応をよくしていきたい!
・瞬発力を出していきたい!

様々な要望・質問をいただきますが
その方法を知らない
選手・保護者の方が多くいます!

 

 

そのような選手に
どんなトレーニングをしているか?
と尋ねると
方法がわからないので

 

まずは

「単純なダッシュしています!」

「単純な反応トレーニングをやっています!」

と答えます。

 

確かに
短距離ダッシュや反応トレーニング
瞬発系のトレーニングのため
アップなどに取り入れていきたい
メニューの1つになります。

 

しかし、
野球の場合は
単純な動きが非常に少ないスポーツです。

 

例えば
ダッシュにおいても
単縦な時とそうでない時があります。

 

単純なケースというのは例えば
一塁駆け抜けなどになります。

打ったら何も考えずに1塁へ走るだけなので
あまり複雑ではありません。

 

では、
1塁ランナーとして塁にいて
打者が左中間に抜けるかもしれない
打球を打った時はどうでしょうか?

 

予測・準備・打球判断などを
加味した上で
スタート(ダッシュ)を行いますよね!

 

ゴーするのか、バックするのか、
考えながらその中で良い判断をして
良いスタートを切らなければいけません。

 

その為には
普段のアップやトレーニングから
動きや判断を組み合わせたダッシュが
必要となってきます。

 

動きの組み合わせは
メニューを組み合わせるだけなので
簡単に行う事ができると思います!

 

そこにプラスして
判断要素を組み込んだり、
予測要素を組み込む事で
より実践に近い形でダッシュを
行う事ができます!

 

単純なダッシュも必要ですし
単純な反応トレーニングも必要です。

 

それにプラスして
ミックスメニューを組む事で
更に効果が生まれますので
是非、取り組んでみて下さい!

 



 

スクリーンショット 2017-05-22 17.28.45

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.