名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

ライバルに勝つために!!

  • HOME »
  • ライバルに勝つために!!

 

こんにちは。

BASEBALL ONE
上之薗 北都です。

 

あなたには、
ライバルと言える存在はいますか?

 

いると言う選手、いないと言う選手
どちらもいると思います。

 

今、試合に出られていない選手であれば
自分と同じポジションのレギュラー選手
がライバルと言えるかは別としても
追い越さなければいけない
選手ということは間違いないと思います。

 

今回は
追い越さなければいけない選手を
追い越すために
やらなければいけないことを
お伝えします。

 

まず、しなくてはいけないことは
その選手と自分との比較です。

・ストレートは自分のほうがいい
・コントロールは相手のほうがいい

などを洗い出します。

 

そのなかで相手に

・勝てているもの
・負けているもの
・今は負けていても練習で
勝てるようにできるもの

に分けていきます。

これが自己分析にも繋がっていきます。

ただ闇雲に練習をしていても
その選手に勝つことはできません。

ウィークポイントストロングポイント
明確にし、練習に取り組むことで
成果は変わっていきます。

 

 

追い越すために練習をしていく中で
その選手と同じようにしていては
絶対に勝てません。

 

その選手以上のことをしないと
並ぶこともできません。
レギュラー選手というのは
監督からの評価を得ているため、
レギュラーとして試合に出場できています。

 

その評価を覆すためには
レギュラー選手に並ぶだけでは負けです。

レギュラー選手の今持っている評価を
越えなければいけません。

 

私自身、中学時代のチームで
ライバルとしていた
ピッチャーが同級生にいました。

私も試合には登板していたのですが
大事な試合ではいつもその選手が登板し
私はライトを守っていました。

 

その時は、そのレギュラー選手と
そうではない選手の
評価の違いに気づいておらず
私が結果を出しても
大事な試合での登板は出来ませんでした。

 

しかし
高校、大学と進んでいく中で
その違いをわかるようになっていきました。

 

この違いを知ることで
今までとは違う取り組みに
なっていくと思います。

 

ライバルに勝つため、
試合に出場するために
比較を行うことと評価の違いについて
頭に入れ、取り組んでいってください。

 

投球解析

 

スクリーンショット 2016-05-09 16.46.05

 

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.