名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

ピッチング ギアチェンジ!!

  • HOME »
  • ピッチング ギアチェンジ!!


こんにちは

 

 

 

 

 

BASEBALLONE
好永貴雄です。

 

試合の中でピンチを迎えた時に
球威が増した
キレが増した
と言った言葉をテレビ中継などで
耳にすることがあるかと
思います。

ピンチになると
点を与えないように
投手は力を入れて
投げているのですが、

 

初めから全力投球をしていると
ピンチでも同じ
投球になってしまいやすいので
打たれてしまう確率というのが
上がってしまいます。

これはランナーがいない時は
力を抜いて投げろという意味ではなく
余力を残した状態で試合を
進めていくことで失点をされにくい
投球をしていって欲しいということです。

これは先発投手に1番言えることですが
中継ぎや抑えのように短いイニングを
投げるわけではなく
長いイニングを
投げていかなければならないので

初回から全力投球をしてしまうと
投げるスタミナの消耗が早くなり
完投、完封が難しくなります。

 

ランナーがいない場面であれば
コントロールとキレを
意識したピッチングをして、
ランナーが出た時には
コントロール、キレ+球威
意識すると打者はタイミングが
今までと違うため
打ちづらくなっていきます。

 

そこがピンチの時の
「ギアチェンジ」
になるのです!

 

これはやはりマウンドで
いっぱいいっぱいになっていては
ギアチェンジをする余裕などありません。

 

試合の中で失敗もし
経験をして
力の入れるタイミング
抜くタイミングが分かってくるのです。

 

それが分かってくると
試合はさらに楽しくなり
狙ってファールを打たせて
カウントを整えていくことができるのです。

 

ピンチになっても
まだ余力を残している状態なので
焦らずに攻めることができます。

 

気持ちにまだ余裕を持って
マウンドで投げていけるかが
勝敗を大きく分けます。

 

ギアチェンジをすることは
実践の中では
簡単にできるようになることでは
ありませんが
投手として活躍していくためには
必ず必要なことになります。

 

マウンドに立つと緊張して
普段の力を出せないといった選手の
話をよく耳にしますが

 

今は目標に向かってその目標を
達成する道のりの途中なのです。

 

失敗してもいいんです。
そこがゴールではないので。
成長途中だからこそ
いろいろな経験をし、
同じ失敗をしないように努力をする。

 

そうすることにより自信が出てきて
マウンドでも余裕を持った
ピッチングができるのです。

 

誰しも失敗をして成長しているので
失敗を恐れず
今持てる力を出し切っていけば、
新たなピッチングというものが
見えてきます。

スクリーンショット 2017-05-25 14.40.18

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.