名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

ピッチャーが試合前に必ず確認したい準備方法とは?

  • HOME »
  • ピッチャーが試合前に必ず確認したい準備方法とは?


こんにちは!

 

 

 

 

BASEBALL ONE
大川学史です。

 

野球にはミスがつきものと
よく言われたりするものです。

 

そうは言うものの
ミスを減らしていかなければ
勝てる試合も勝てなくなってしまったり
思うようなプレーができず

 

楽しいはずの野球が
つまらなく感じてしまいます。

 

あなたもきっと
試合でミスをすれば
練習をするかと思います。

 

しかし練習を行う前に

「なぜ?ミスをしてしまったのか?」

 

ということを知らなければ
また同じミスを繰り返してしまいますよね。

 

こうしたミスの原因を追求していくと
ミスの多くが
『準備』に問題があり
準備をしっかりしていくことで
ミスが減っていったりするものです。

 

そこで!本日は
ピッチャーの準備の一つである
「試合前のブルペンの使い方」
についてお話ししていきます。

 

あなたは
試合前のブルペンの時間を
どのように使っていますか?

 

きっと
その日の状態を確認しながら
高い集中力で試合に向けて
ピッチング練習を行うと思います。

 

ボールの感覚や
傾斜の感触を確認しながら
立ち投げから始まり
数球投げたらキャッチャーを座らせます。

 

ストレートから始まり
変化球など投げて準備をしていきます。

しかし、、、

この時に多くの選手が
「セットポジション」での投球が
圧倒的に少ないのです。

 

セットポジションでの球数が
少ない選手に限って

 

「セットポッジションや
 クイックでの投球が苦手だ。」

と口にしたりするものです。

 

 

これでは試合でいいパフォーマンスを
出せるとは思えません。

ワインドアップの状態で投げる時は
ランナーがいない状態です。

この場合は点を取られるとしたら
ホームランのみで取られても1点です。

 

 

しかし
セットポジションでの投球では
ランナーがいる状態ですので
2点以上入る可能性があります。

 

また、勝てる投手ほど
ランナーを出した時に抑えるものです。

 

ワインドアップ時と
セットポッジション・クイック時では
投球の重要度が全然違います。

 

こうした試合のことを想定できれば
日頃からセットポジションでの投球

 

試合前のブルペンでは
ワインドアップ時より
球数が多くなければいけません。

 

そこから、試合を想定した
ストライクを取るボール
(カウント球)
ストライクからボールになるボール
(空振りを取る決め球)
などの意図を明確にして
投球するべきなのです。

 

また、
ブルペンのピッチングでは
同じコースへ連続して投げがちですが
コースも1球1球変えるなど
試合で起こるケースを想定して
ピッチングをしなければいけません。

 

こうした
ピッチング練習をするからこそ!

最低限の準備ができていると言えます。

試合のためにできる準備は
他にもたくさんあります。

 

チームでの決まりごとの再確認。

サインの再確認。

バント処理などの連係の確認。

などのことが当たり前に
できなければいけません。

 

一度、今あなたが試合前の準備で

何をしているのか?

どんなことをしているのか?

確認して見てはいかがでしょうか。

 

準備をしっかりすることで!
試合への自信にも
繋がってきたりするものですよ。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.