名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

左ピッチャー バント処理 三塁送球で気をつけること

  • HOME »
  • 左ピッチャー バント処理 三塁送球で気をつけること

 

こんにちは。

 

 

 

 

BASEBALL ONE
上之薗 北都です。

 

ランナーがいる場面で
送りバントを防ぐことができると
ピッチャーは乗っていくことができます。

 

今回はそんなバント処理
その中でも、左ピッチャーの
三塁送球についてお話しします。

 

ランナーが2塁にいる場面でのバント処理で
三塁へ送球するのは
右ピッチャーと比べ
左ピッチャーは体の回転がないため
送球はしやすいです。

 

しかし
送球しやすいからこそ

気をつけなければいけないことがあります。

それはなにかというと
ボールを見やすくする
ということです。

 

ボールを見やすくするとは
どういうことかというと
捕球からそのまま
三塁方向へステップすると

三塁手としては距離が近いなかで
自分のほうに向かってくるため
どこに来るかわからない
なりやすくなってしまいます。

 

そこで
少しアウトステップ気味にして
肩を少し開き気味にしていくことで
ボールと投球腕をサードから見えやすく
していかなければいけません。

 

大きくテークバックを取って
打球まで距離を詰めての捕球の勢いのまま
インステップで投げてしまうと
サードからは送球がギリギリまで
見えにくくなってしまいます。

 

 

 

 

またボールまで
素早く詰めていく中にも
体が流れないように
していくことが大切です。

 

普段の投球ではボールを
見えにくく投げていくのですが
送球では捕球してもらわないといけないため
見えやすく投げていくことが必要です。

 

左ピッチャーであれば
1,2塁のバント処理では
ダブルプレーを狙うこともできます。

 

ピンチの場面だからこそ
自分自身のフィールディング
アウトにすることが出来ると
投球自体も乗っていくことができます。

 

そのためにも
捕球する選手のことを考え
捕球しやすい送球を
していくようにしましょう!

 

スクリーンショット 2017-05-21 11.36.44

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.