名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

キャッチャー 構えは大丈夫か!?

  • HOME »
  • キャッチャー 構えは大丈夫か!?

 

こんにちは。

 

 

 

 

BASEBALL ONE
吉田真人です。

 

キャッチャーの構え
意識したことはありますか?

 

もしかして何気なく
構えてはいないでしょうか。

 

実は構えるその姿に
ある事が落とし穴
隠されているということもあります。

 

キャッチャーにおいても
またどのポジションであっても
準備は欠かせませんよね。

 

明日の為に今日のうちに
準備をすることもそうですし
次に行う事に対して
前もって準備をする事は
多いはずです。

 

キャッチャーの構えにも
次の行いの為に前もって
準備をし予測する事が
必要なのです。

 

つまりキャッチャーの構えも同じで
次の為の準備としての構えに
入っていくのですが・・・

 

そこにポイントが
隠されているのです。

 

キャッチャーのあなた!!
そこに目を向けれているでしょうか?

 

当然ランナーの有り無しでも
構えは変わりますよね。

 

 

例えば
ミット側の膝を地面に付けて
構えるのはランナーが無しのとき。

 

ランナー有りであると
盗塁も考えてスローイング動作に
持っていきやすくする為に
膝は付けずに構える事が
多いのではないでしょうか。

 

ここでも次における
予測と準備が入っています。

 

更に付け加えると
ショートバウンドへの対応です。

 

ランナー無しであれば
問題は無いかもしれませんが
ランナー有りによって
ボールを後ろに逸らしてしまっては
ランナーを無駄に進塁させてしまう事にも
繋がっていきます。

 

その為
ショートバウンドが来ても
ストップ出来る予測と準備が
ここでも必要になります。

 

ショートバウンドとなると
真っ直ぐと変化球では
どちらが可能性として
考えられるでしょうか。

多くは変化球ですよね。

 

つまりキャッチャーがサインを要求して
そのサインが決まり構えるとき
キャッチャーはどんな構えをするのか。

 

ショートバウンドの可能性が
真っ直ぐに比べ高い変化球の
サインが決まった際に
ストップの準備をと真っ直ぐと違った
構えになることも少なくありません。

 

球種の中までとは言わないものの
真っ直ぐなのか変化球なのかを
教えてしまっている事が
構えで起きていることもあります。

 

構えは大丈夫ですか?

 

その出来事の準備で
動きが表現され
その動きが答えとして
表に出ていませんか?

 

どのように見えるのか
どう見直す必要があるのか
何気ない構えに目を向けてみては
どうでしょうか。

 

キャッチャーセミナー

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.