名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

勝てる投手は最悪なミスをしない?

  • HOME »
  • 勝てる投手は最悪なミスをしない?

 

こんにちは!

 

 

 

 

BASEBALL ONE
好永貴雄です。

 

先日
大学野球、社会人野球を観戦してきて
ピッチングの違いに驚かされました。

 

まず打者1人に対して
1球以上インコースを使った配球
をしているということです。

 

勝負球にインコースを使うというのは
大学野球でもあったのですが
カウント球にインコース
使ってくるところが
さすがだなと感じました。

 

しかもそのインコースを投げたボールが
構えたところと違うところに
行ってしまった時のボールが
社会人野球では
ほとんどボール球になります。

 

インコースを投げ切れなくて
ストライクゾーンに入ってしまい
痛打されるケースが多い中で
しっかりとベース板の内ではなく
外側に外れるように投げ切っていました。

 

アウトコースも同様に
コースを狙って外れるボールというのは
外側のボール球になっていました。

 

置きに行ったボールであれば
コースが良くても
打たれてしまうことは多々あります。

 

しっかり腕を振って投げきった中で
コントロールをしていく。

 

そしてそのボールが外れた時は
甘いコースには入って行かず
高さだけは間違わないであったり、
コースは間違えずに高低がずれる
といったように
ストライクゾーンの端で打者と
勝負ができています。

 

そして空振りを狙う時はランナーいる場面でも
確実にワンバウンドの変化球を投げてきます。

 

キャッチャーが必ず止めてくれるという
安心感があるので思い切って
投げることができてはいるのは
間違いありませんが
日頃の練習で
ワンバウンドの変化球を投げることが
できているので
実際の試合でも普段通りに投げることが
できるのだと思います。

 

ピッチャー有利のカウントで
甘く入ってしまうと
社会人野球になると
確実にミートしてきます。

 

さらにしっかりスイングしてくるので
それが長打になってしまいます。

 

勝てる投手のピッチングは
投げミスはボールになる。
空振りを狙うボールは
ワンバウンドを投げれる。

 

簡単なように見えますが
実際の試合の場面で
ボール球を投げるというのはカウントが
悪くなるので
投手はストライクゾーンにボールを
集めたくなるものなのです。

 

高いレベルのピッチングができるように
日頃のピッチング練習を
大切にしていきましょう。

 

 

 

スクリーンショット 2017-05-29 14.18.10

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.