名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

積極性とがむしゃらは違いとは?!

  • HOME »
  • 積極性とがむしゃらは違いとは?!

 

こんにちは

 

 

 

 

BASEBALL ONE
依田徹平です。

「積極的に行け!」

 

打席に立つ選手に向けて
そうした声をよく聞きます。

 

この後に起こる結果は
2つのパターンがあります。

 

1つは成功
「積極的」にファーストストライクを
打ちに行きヒットを打ったパターン

 

これは積極性がうまく結果に
結びついたケースです。

2つ目のパターンは失敗
「積極的」に初球から打ちに行くも
凡打に終わる

 

これは積極性が裏目に出た
ケースです。

 

成功をすれば
「よく打った」
「積極性のおかげだ」
と賞賛をされますが

 

失敗をすれば
「なんで初球から行ったんだ」
「あそこはボールをじっくり見るケースだ」
と言われてしまいます。

 

こうして聞くと
ただの結果論のように
聞こえてしまうかもしれません。

 

そのままでは選手と指導者の間に
不信感が生まれてしまったり
モチベーションが下がってしまう
ことに繋がりかねません。

 

結果論にしないためにも
チーム全体で
「積極性についての認識」
共有しておく必要があります。

 

ではそもそも
積極性とはなんなのでしょうか?

 

一般的に言われるのは
ファーストストライクから打ちに行くことで
甘い球を打ったり
打てなくてもスイングすることで
タイミングがあっていき
追い込まれてからもヒットの確率を
高めることができるということです。

 

やはり
初球というのは甘いコースにいきやすく
追い込まれれば厳しいコースに
ボールはきます。

 

そのため
積極的に打ちにいけと
言われるのです。

 

では
積極的に打ってはいけない
ケースとはどんなケースでしょうか?
大きく分けると以下の3つのケースが
考えられます。

 

1、ファーストストライクでも厳しいコース
2、点差が開いた試合終盤
3、相手ピッチャーの調子

 

1つ目の場合は
あなたもお分かりかと思いますが
初球からわざわざ厳しいコースを
打ちに行く必要はありませんよね?

 

最低限のタイミングは合わせつつも
見送った方がアウトにはなりづらいです。

 

プロ野球でも厳しいコースに
3球続けて投げることは
難しいので必ず甘い球が
くるのでその球を待ちましょう。

 

2つ目の
点差が開いた終盤の場面ですが
ここで積極的に行くべきではありません。
もちろん甘い球が来て絶対打てるという
確信があるのであればいいかもしれませんが

 

連打というのは
そうそう続くものでありません。

どんなに甘い球でも
打ち損じというのはあります。

 

開いてしまった点差を追いつくには
相手の自滅も必要です。

そのためには簡単にアウトに
ならないように球数を投げさせて
フォアボールなどでもいいので出塁し
次のバッターへと
繋いで行くことが必要です。

 

せっかくランナーが溜まって来たのに
次のバッターが積極的に打ちに行って

”ダブルプレー”

これではただ
ピッチャーを助けているだけです。

 

この場面ではいかに
相手ピッチャーと守備陣に
プレッシャーをかけることが
できるかを考えましょう。

 

最後の3つ目は
相手ピッチャーの調子です。

前のバッターに対して
フォアボールを連続で出したり
ピッチャーが交代してから
ストライクが入っていなかったり

 

このようなケースも
相手が勝手に自滅をしてくれる
可能性があるので
わざわざ打ちに行って
相手を助ける必要はありません。

 

追い込まれるまでは
しっかりと甘い球だけを狙って
球数を投げさせるようにしましょう。

 

このように大まかでもいいので
積極性についての
共通認識をチームで持っていれば
後になって結果論にはなりません。

 

そのため
その共通認識を破って
プレーをしてしまった場合は
チーム全員で指摘ができます。

 

ぜひあなたのチームでも
積極性について話し合い
共通認識を持って試合に臨みましょう。

 

 

スクリーンショット 2017-05-04 23.11.59

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.