名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

ピッチャー 変化球とストレートの差をなくす!

  • HOME »
  • ピッチャー 変化球とストレートの差をなくす!

 

こんにちは!

 

 

 

 

BASEBALL ONE
好永貴雄です。

 

 

変化球を投げていく時に
ボールの曲がり幅を一番気にして
投げてはいませんか?

 

 

ボールを曲げようとしすぎてしまうと
ストレートと投げ方が大きく変わってしまう
ことがあります。

 

 

その原因はどこにあるのでしょうか・・・

ストレートを基本の投げ方だとすると
変化球になると腕の振りが
遅くなってしまいます。

 

 

 

腕の振りが遅くなるということは
投球動作に緩みができてしまうということです。

 

 

フォームが緩んでしまうと
打者へ変化球だと
打つ前からわかってしまいます。

 

 

そうすると
いいコースに決まったとしても
バットが止まり
空振りを奪うことができません。

 

 

変化球を投げる時には
いかにストレートだと
打者に思わせるかが
ポイントになるのです。

 

ではなぜボールを曲げようとしたら
腕の振りが変わってしまうのか?

 

 

ボールに回転をかけないと
ボールは曲がってくれません。

 

 

その回転を多くかけようとして
手首でボールの回転を
かけようとしてしまうからなのです。

 

 

ストレートを投げる時にボールに
スピンをかけようとしたら
指先で押し込んで
回転をかけていく
思います。

 

 

同様に変化球でも
指先でスピンをかけるようにする
腕の振りはストレートと
同じようになってきます。

 

 

手首を使って回転をかけてしまうと
リリースまでの動きが大きくなってしまい
上半身にも力が入ってしまい
下半身のキレも落ちてしまいます。

 

 

いかにストレートに見せれるか
変化球を投げていく上で
重要になってきます。

 

 

上半身のみでボールを
曲げようとするのではなく

下半身の力を使った中で
指先でボールにスピンを
かけていくようにすれば

打者の手元で曲がる
キレのいい変化球を
投げていくことができます!

 

手首で曲げるのではなく
指先でボールを曲げていくように
していきましょう。

 

 

 



オンライン解析

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.