名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

フォロースルーを大きくする理由!?

  • HOME »
  • フォロースルーを大きくする理由!?

 

こんにちは!

BASEBALL ONE
大川学史です。

 

バッティングやピッチングでは
フォロースルーが大きいと良い
言われたりするものです。

 

このフォロースルーとは、、、

バッティングでいえば
インパクト(バットにボールが当たる瞬間)から
振り終わるまでのスイング軌道のこと
を言います。

ピッチングでいえば
リリース(ボールを離す瞬間)後の
腕のスイングのこと
を言います。

 

ではなぜ?
フォロースルーが大きいと良いのか?

 

そして
なぜフォロースルーを
大きくすることができるのか?

 

バッティングやピッチングの時に
大切なところは、、、

 

 

バッティングで言えば
インパクトの瞬間

ピッチャーで言えば、
リリースの瞬間

この瞬間に
力を100%ボールに
伝えたいものです。

 

きっとあなたも
インパクトやリリース時に
力が伝わった方が良いことは
ご存知かと思います。

 

しかし、、、

この意識が
もしかすると
100%力を伝えられない
原因になっている
かもしれません。

 

この力を入れる、
力が入っている状態のことを
『力み=力を入れる』
錯覚してしまうことがあるのです。

 

あなたが持っている力を
100%発揮するためには
体重移動を行い
下半身から指先までと
順番に力を入れていくことで

回転動作を利用して
全身の力をボールに
伝えることができます。

 

しかし、
力を入れようとする意識から

体重移動の段階で
腕や指先に
力みが出てしまい
動作が遅くなり
本来の力を発揮できない
ケースがあるものです。

 

これでは一番
加速していかないと
いけないところで
力を発揮できないのです。

 

大切なことは
力が入っているかどうかではなく

インパクトの瞬間
リリースの瞬間に
一番加速した状態へと
持っていくことができているか?

ということなのです。

 

そもそも、、、

バッティングでの
インパクトの瞬間時間にすると
『約0,0001秒』程度です。

このようなわずかな時間に対して
「力が入った!」
と感じることができる選手は
果たしているのでしょうか?

 

一連の動作の中で
自分のポイントに
加速させていくこと
リリースの瞬間、
インパクトの瞬間に
一番加速した状態へ
持っていくことを
力が入った状態と言えます。

 

それにも関わらず
力を入れたいという意識から
本来一番加速していないと
いけないポイントで加速せずに
早い段階で力んでしまい
パフォーマンスの低下に
繋がるものです。

 

こうして加速していくからこそ
勝手にフォロースルーが
大きくなっていくのです。

 

フォロースルーが大きいことがいい!

 

こう聞いた時に
ただ腕のみで
大きくとったところで
球速も上がりません。
飛距離もアップしません。

 

力の入れ方を知ることで
パフォーマンスは大きく向上してきます!

 

ぜひ!ご参考にしてくださいね!

 

 


お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.