名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

練習の意図を考える

  • HOME »
  • 練習の意図を考える

 

こんにちは

 

 

 

 

BASEBALL ONE
依田徹平です。

 

野球の練習は長時間に
渡って行われることが多い
スポーツです。

 

それはバッティング、守備、ピッチング、走塁
などなど様々な要素ごとに全く違った動きを
求められるためであり

 

その技術を習得するために
それぞれにおいて
色々な練習方法を行います。

 

そのメニューというのはシンプル
ものからオリジナリティー溢れる
練習方法まで様々です。

 

ですが大体の場合
チームごとにマンネリ化してしまい
やらされるだけで
ただこなしていくだけの練習
なってしまうこともあります。

 

そのまま
練習をただこなしていても
成長ができないということは
あなたにも理解できると思います。

 

それはただこなしているだけの練習を
やっていても上手くなっている実感
全くないからです。

 

それは練習をやっているあなたが
一番分かっているはずです。

 

もちろん
うまくなっている実感が
なくても上達しているということは
ありますがそれはあくまで
高いレベルに行ってからのこと

 

成長の途中である選手は
しっかりとした目的意識を持って
練習をすれば成長の実感を得られるはずです。

 

そんなただやらされているだけの
マンネリ化した練習から脱却するために
あなたに行なってもらいたいのが

 

練習の意図を考えるということです。

 

練習には意図が必ずあります。
ランニングをするにしろ
キャッチボールをするにしろ
ノックをするにしろ
そもそもメニューというのは
全てに意図があって組まれているのです。

 

その意図をまず考えることから
始めて見ましょう。

 

そうすることでメニューの
一つ一つにおいてできないことと
できていることが
はっきりしてくると思います。

 

できないことがあるならば
そのメニューを行う中で
どのようにすればいいのかを
試行錯誤しましょう。

 

例えば
キャッチボール

 

野球をする上では
まず間違いなく
どのチームも行う練習の一つです。

 

このキャッチボールを
肩慣らし程度に
なんの意識もせずに
行なってはいませんか?

 

キャッチボールを行う意図を考えてみると
確かに次に行うであろう
ノックやピッチングのために
肩を作るという意味合いも
あります。

 

しかし、
キャッチボールにおいて
本当に重要なのは
とてもシンプルですが
狙ったところに正確に投げて
きたボールを確実にとるというところにあります。

 

極端な話これが完璧にできれば
試合でミスをすることはほとんどありません。

 

ですがそれができないからこそ
プロ野球でも甲子園でも
試合でミスが生まれるのです。

 

そのミスを少しでも減らしていくために
一球一球ボールを投げる感覚と
ボールの行く末を確認しましょう。

 

その積み重ね
自信へと変わり
緊迫した試合でのワンプレーを
作っていくのです。

 

その意識ができれば
必ず日々成長を
実感することができるはずです。

 

今日は狙ったところに
10球行った
次の日は12球だった
次の日は9球だった
原因はどこにあるのか?

 

こう考えると
基礎中の基礎である
キャッチボールでも
成長を感じることができるはずです。

 

ぜひ一度メニューを見直して
練習の意図を考えてみましょう!!

 

 

スクリーンショット 2017-05-16 14.40.55

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.