名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

ショート ゲッツー右側の打球に対して飛んでしまっていませんか?

 

 

内野手のショートのポジションで、
ダブルプレーの際に右側の打球に対して、
飛んでしまう選手というのが
多く見られます。

しかし、
捕球する前に飛んでしまうと、
イレギュラーにも反応できません。

もちろん、
捕球も安定していきません。

 

できるだけ、同じ高さで
打球に対して入って行っていただきたいのです。

 

飛ぶということは、
ボールまで最短で
行けていないということになってきます。

簡単に言えば、
ボールまで遠回りしているということにも
なってしまいます。

これがどういうことなのかを
こちらの動画でお話ししていきますので、
こちらからご覧ください!

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

所在地 (1)

所在地2 所在地3所在地4 所在地⑤レンタル (1)

スタッフ

動作 投球 打撃 オンライン出張

個人

個人P一宮碧南個人D一宮 (1)個人 守備個人指導 捕手

grkihekiP スロB体幹走力使い放題bodykeahielshino2

sptaiBB122md

【B1】Member Only Web Media

  • facebook
  • twitter
友だち追加数 LINE
むりょ
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.