名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 矢澤 昌之 様

  • HOME »
  • オンライン解析 矢澤 昌之 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のバッティングフォームから改善点をお伝えしていきます。
まずこちらの画像はボールを打つ前のトップに入った瞬間です。
ここで注目していただきたいのは軸足です。
画像からは分かりづらいかもしれませんが軸足が
キャッチャー方向に割れてしまっていることが動画から分かるはずです。
こうしてしまいますと力は打ちたい方向に伝わってこないだけでなく
体の連動性が失われてしまい、腕だけのスイングになってしまいます。
その結果下半身が十分に動かず腕が先に動き始め
開きが早くなりポイントが前になってしまいます。
そうならないためにもまずは軸足が割れないように
膝を内側に入れて力を前に伝えることを意識してみましょう。

 

 

2枚目の写真はトップからバットを振り出してインパクトに向かっていく瞬間の画像です。
ここで注目していただきたいのはバットの出し方です。
前の肘が曲がってしまっていることがお分かりいただけますでしょうか?
肘が曲がっているということは曲がった位置から
手先にかけての力しか使うことができていません。
逆にいえば肘から上の肩にかけてそこにつながる体幹
腰、下半身の力を使いきれていないということです。
画像から見てもバットを手先だけでコントロールしている
ということが分かるのではないでしょうか?
そうならないために前肘はなるべく曲げず肩から肘、手
そしてバットにかけて緩やかな弧を描くようにしていきましょう。
そして体の回転の遠心力によりその弧が直線になっていきます。
その直線になった時にインパクトを迎えることができれば
力の全てがバットに伝わっていくようになっていきます。
ですので前肘はなるべく体に引きつけるように脇を締めましょう。

 

 

3枚目の写真はインパクトの写真になります。
インパクトの瞬間に体が完全に開いてしまっているのが
お分かりいただけますでしょうか?
このように体が開いてしまいますとインパクトの瞬間に
体が回転する力を使うことができず最終的には腕だけのスイングとなってしまいます。
そうしてしまいますとポイントは前になってしまい
打球にも力はなく飛距離も出すことが難しくなってしまうでしょう。
そうならないためにも先ほどの画像でもお伝えした通り
前肘をなるべく曲げずかつ体から離さないようにスイングをしていくことが大切です。
緑の線で記したようにまずは肩が開かないようにし
その上で左肩からバットにかけて一直線になるようにスイングをすることを心がけましょう。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
腰の開き改善のための練習方法
∟10回×3セット

トレーニング動画②
軸足の股関節に乗せるための練習
∟10回×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.