名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 和田 祐輔 様

  • HOME »
  • オンライン解析 和田 祐輔 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

現状のフォームについてお伝えします。
1枚目の写真は前足が地面に着く前の瞬間です。
ここで注目していただきたいポイントは軸足の股関節です。
椅子に座るときのように軸足の股関節が詰まってきていないため、
前足が着いたときに上体が早く前に出てしまいます。
体の軸もズレてしまうのでバランスが悪くなり最終的に
腕だけを使ってくる投球フォームになります。
腕だけを使うようになると投げるボールは走らなくなります。
股関節に体重が乗ってくると、軸足のお尻が張ってきます。
イメージとしては、椅子に座るときのように膝がつま先より前に出ず、
お尻を引きながら股関節が詰まるように体重を落としていく形になります。
そうすることにより骨盤の向きが後傾せず前傾の形ができます。
無駄のない動きでしっかりと体重を下半身に溜めていくには、とても大切な動きとなります。
膝がつま先より出ないようにお尻を後方に引いて体重を乗せる練習を行うようにしましょう。

 

 

2枚目の写真は、トップからリリースの間のものです。
注目していただきたいのは、前足の膝の位置です。
前足の膝がくるぶしよりも前に出てしまっていることがわかると思います。
リリースする前に前足の膝が出てしまっているということは力が抜けてしまい、
ボールに体重を乗せることができなくなってしまいます。
前足の膝が出てしまうと、太ももの前側に力が入ってきてしまい、
上半身が下半身と一緒に流れてしまいます。
体重移動をしていくなかで前足の膝の位置というのは
くるぶしの上までで動きを止めるようにしていくことが大事です。
そうすると上半身にも無駄な力を入れずに動きを運ぶことができるため、
リリース時にスナップを効かせることができます。
スナップを使うためにはリリースまで腕の脱力が必要です。
下半身の動きを改善していくことで上半身の動きをとれるようにして行けるようにしましょう。

 

 

3枚目の写真は、リリース後のものです。
ここでのポイントは、左の股関節への押し込みです。
投球後、腰の位置が高くなってしまっているのがお分かりになるでしょうか?
こうなってしまいますと、ボールが抜けてしまったり、
リリースの位置が毎球変わってきてしまいます。
その結果、腕の意識が強くなってしまい、よりコントロールをつけることが難しくなってきます。
前足を着いてからフィニッシュまで腰の高さが変わらないように
前の股関節に詰まってくるように締めてくるとリリースの位置が安定してきます。
この前の股関節を締めてくるということですが、太ももの内側に力を入れ、
雑巾を絞るようにしていくことで股関節を締めていくことができます。
この3つの点を意識して取り組んでいってください!

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
股関節の動きを覚えるための練習方法
∟10球×2セット

トレーニング動画②
前膝の突っ込みを抑える練習方法
∟20タッチ×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.