名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 横西 様

  • HOME »
  • オンライン解析 横西 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

現在のフォームで幾つか改善点をお伝えしていきたいと思います。
この写真は、軸足に体重を乗せてから体重移動する時の写真になります。
この写真でお尻がキャッテャー方向に向いているのがご覧いただけるでしょうか?
このようにキャッテャー方向にお尻を出してきてしまうと
体重が移動が早くなってしまい股関節のタメが抜けてしまうようになります。
またお尻をキャッチャー方向に出すことによって肩も入りやすくなるので注意しましょう。
お尻を出す方向としては一塁側に出すようにしましょう。
この意識を持つことでタメを感じやすくなり足を着いた時に
股関節の体重移動もスムーズに行えるようになってきます。
コントロールを安定させ、リリースに力を伝えるために大切な動きになるので改善していきましょう。

 

 

2枚目の写真はリリースの前の写真になります。
手と頭が離れているのがご覧いただけますでしょうか?
このように頭と手が離れてしまうと肩の開きの原因になってしまったり、
打者にボールが見やすくなってしまいます。
また頭から手が離れることによって肩への負担もかなり大きくなります。
特に後ろに負担が大きくなって来るので改善していきましょう。
頭と手が近くなることでケガだけでなく体の近くで腕を出して来ることで
バッターからリリースが見えづらくなりタイミングを取ることが難しくなります。
また腕のしなりも使えるようになるので回転の効いたボールを投げることができます。
スピードアップ、低めに伸びのある球を投げるために身につけていきましょう。

 

 

この映像は、リリースする瞬間の写真です。
注目していただきたいのは、前足の膝の開きです。
リリースする瞬間に前足が開いてしまっているということは力が外側に抜けてしまい、
ボールに体重を乗せることができなくなってしまいます。
前足が開いてしまうと、下半身での壁ができず上半身が下半身と一緒に流れてしまいます。
前足の内側に力を入れておくことで膝が外側に抜けなくなり、
下半身の壁ができるので開きも抑えられ、さらに腕のスイングスピードも上がってきます。
ですので、前足が地面に着いたら前足の膝の内側に力を入れ、
体の回転を支えるようにすると、前足で壁ができるので投球フォームが安定してきます。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
頭と手が離れないようにする練習方法
∟10回×2セット

トレーニング動画②
前膝の開きを抑える練習方法
∟20タッチ×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.