名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 藪下 勝浩 様

  • HOME »
  • オンライン解析 藪下 勝浩 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のフォームで幾つか改善点をお伝えしていきたいと思います。
まず1枚目の画像は左足を着地した時のものです。
この時に注目していただきたいポイントは、右足の膝です。
着地の時にスイングが開始してしまっており、
右膝が内側に入ってしまっているのがお分かりになると思います。
こうなってしまうと、下半身の力をうまくスイングに生かしていくことができません。
ステップした左足が着地した時には右足の膝はつま先のラインの上に膝があるようにし、
そこからスイングしていくようにしましょう。
スイングに力強さを生むことができるとともに目線のブレが少なくなるため、
ミートも上がっていきます。
ステップ足が着地してからスイングしていくということを意識して取り組んでいきましょう。

 

 

この画像で確認していただきたいのが右手首と右肘の使い方です。
手首が曲がり、手のひら側がピッチャー方向を向いてしまっているのがお分かりでしょうか?
手首が曲がり、ピッチャー側を向いてくることでインパクト
でボールに負けてしまいやすくなり、インパクトが弱くなってしまいます。
また、右肘の使い方が打ちたい方向にスイングしていけていないので、
バットをごねてしまい引っ掛けることが多くなってきてしまいます。
原因としては、スイングしていく時に右肘が前に伸びていかないことが原因ですので
インパクトの瞬間に右肘がおヘソの前まで出てくるようにスイングしていきましょう。
インパクトを迎えた後に肘を返していく事でスムーズにフォロースイングも行えます。
この後ろ肘の使い方を覚える事で飛距離とミート力共に上がっていきますので
是非練習から意識して取り組んでいってください。

 

 

3枚目の写真は、インパクト後のものです。
ここで注目していただきたいポイントは、左の股関節です。
スイングしていく中で左の股関節が上を向いてしまっています。
こうなってしまうと、体も上に抜けてしまうため力が逃げてしまいます。
ボールをミートしてから押し込まないといけないところで、
上に抜けてしまうと、打球も弱くなってしまいます。
力を逃さないために体を回転させていく時に両足の太ももの内側を絞るようにしていくことで、
この股関節が上を向いて、体が上に逃げてしまうということが減っていきます。
力強い打球を生み出すためにもぜひ取り組んでいっていただきたいポイントになります。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
後ろ肘の使い方を覚えるための練習
∟10回×3セット

トレーニング動画②
軸足の膝の動きを覚えるための練習方法
∟20回

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.