名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 福田拓未 様

  • HOME »
  • オンライン解析 福田拓未 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

今現在の福田様の改善点をいくつかお伝えさせていただきます。
この画像で確認していただきたいのが足を着地させた時の
腰の向きです。足を完全に着地させた時にすでに腰が
ピッチャー側に開いてしまっているのでバットが出てこず
差し込まれる原因になります。ボールを捉えられたとしても
インパクトに力が伝わりづらく強い打球を打つことが困難に
なっていきます。インパクトの後に腰が開いていくのは
いいのですが、インパクト前に開いてしまうと強い打球は
打てなくなります。ですので、軸足の股関節に体重が乗っている
状態で足を着地していけるように練習していきましょう。
軸足の股関節の部分にズボンのしわが斜めに入るように
軸足に体重を乗せた状態で前足を完全に着地させていくことで
自然と腰の開きが改善されていきます。完全に着地してから
体重移動、回転をしていくことでバットの振り出しと
回転するタイミングが合い強い打球が打っていけます。
まずはこの腰の開きを改善して土台を作り上げていきましょう!

 

 

2つ目の左の画像は振り出し時の右手の腕の使い方です。
この時に右ひじが赤い線のように曲がった状態で
振り出してしまっております。こうなるとヘッドが出てき辛く
後ろが小さくなってしまうのでなかなか強く打っていくことが
できなくなってしまいます。また画像のように振り出してしまうと
インパクトの時にヘッドが下がりやすくなってしまうので
ミート力も下がってしまいます。理想としては振り出していく時に
黄色い線のように右ひじが伸びた状態でバットを出していけるように
練習から取り組んでいってください。
そうすることでバットもボールの軌道に入りやすくもなりますし
ミートポイントが増えてきますので打てるゾーンも広がります。
また振り出しからインパクトまでの距離も取れますので
ボールに対して力も伝わりやすくなっていきます。
練習方法では腕の力でバットを引っ張るのではなく
下半身の回転と体重移動の力でバットを出していくイメージで
この練習方法に取り組むよう注意してください。

 

 

3つ目の写真で確認していただきたいのが頭の傾きです。
インパクト前に頭が大きくホームベース側に傾いてしまっています。
こうなると目線がぶれてしまいミートすることが難しくなってしまいます。
ですので構えた位置からなるべく頭が動かないように振り終わりまで
いくようにしていきましょう。この時に考えていただきたいのが
あくまでも構えた時の頭の位置から動かないようにというのを
頭に入れておいてください。ただただ顔を真っ直ぐにようとしてしまうと
体が開きやすくなってしまったり体が反ってしまいアウトコースが
届かなくなってしまう原因にもつながってしまうので
構えた時の頭の位置から振り終わりまでの頭の位置が
変わらないように注意して取り組んでいってください。
そうすることで目線がぶれることなくミート力も上がっていきます。
全体的に福田様の場合タイミングが合わないのはフォームのタイミングです。
体重移動を行うタイミング、回転するタイミング、バットを出すタイミング、
バットの出し方、これが原因で差し込まれたりしてしまいます。ですので
フォームを改善していくことでタイミングも合うようになっていきますので
ぜひ改善していけるように取り組んでいきましょう!

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
腰の開きを改善するための練習方法
∟15回×3セット

トレーニング動画②
ヘッドの角度改善のための練習方法
∟30回×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.