名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 岩本 様

  • HOME »
  • オンライン解析 岩本 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

今現在でのバッティングフォームでいくつか改善点を
お伝えしていきたいと思います。
この写真は右足を着地させて時の写真になります。
右足を着地した時に体重が右足方向に
移動しているのがご覧いたただけるでしょうか?
足が着地した時にこのように体重が移動してしまうと
突っ込みの原因になってしまったり
左足のタメが降り出す前に抜けてしまったりします。
赤色のラインではなく黄色いラインの上に
つま先、膝、腰、肩のラインが来るようにして下さい。
この4つのポイントが一直線になることで足を着地させたせた時に
軸足に体重やタメが残るため回転動作に入った時に
より強く回転をすることが出来るようになります。
回転動作が早くできれば今までよりもボールを引きつけることができ
インパクトの瞬間に強い力がボールに伝わるようになっていきます。

 

 

2つ目の画像は、振り出しの時のトップの位置になります。
左肩に対して左手が離れていってしまいパワーロスの原因ともなっていきます。
ボールを手で打ちにいく気持ちが強く
前への力を送っていく段階よりも先に手の動きでボールに寄せてきてしまいます。
このように手の位置が肩から離れた形になることで
ボールとの距離も取れなくなってしまい、インパクトまでの加速させていく距離が取れなくなります。
また、上半身の動きが先行することによって、バットの芯がキャッチャー側に倒れていきます。
バットの芯がキャッチャー側に倒れていくと手首が緩んでいってしまい
強いスイングを行うことが難しくなってしまいます。
その結果として力のない打球にも繋がります。
振り出す時の下半身主導のバッティングに改善することでアウトコースの球への対応が変わっていきます。

 

 

3つ目の写真で確認していただきたいのがフォロースルーです。
2つ目の写真でもお伝えしました手の動きが先行した形となり
左脚が前に入っていかず、手のみの小さいフォローとなります。
それによって赤色線のように逆くの字になり動作が緩んだ状態となります。
黄色線のように右脚から頭までの位置を置いていける形が重要となります。
下半身主導、スイングでの頭の位置を抑えることでアウトコースへのさばき、
変化球への対応が出来、体の残しを可能としていきます。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
フォロースルーの高さを覚える練習方法
∟10回×3セット

トレーニング動画②
振り出しでの手の位置を覚えるための練習方法
∟10回×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.