名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 鶴田 浩一 様

  • HOME »
  • オンライン解析 鶴田 浩一 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

現状のフォームについてお伝えします。
1枚目は前足が地面に着地する時のものです。 ここでは前腰の開きが気になります。
前腰の開きが早くなると、打者にボールが見やすくなり、タイミングを取りやすくなってしまいます。
ギリギリまで自分の体が打者に正対しないようにすると打者もタイミングをとりづらくなります。
そうすることにより、壁をしっかりと作ることができますので、
リリースの瞬間により力を入れることができます。
軸足の回転が早くなってしまわないように前足が地面に着いてから
前足の股関節に体重を乗せていくようにしましょう。
日頃のキャッチボールから前足を着地してから投げるという意識を持ち、
前足が地面に着くときは体が前を向かないようにしてから投げるようにしていきましょう。

 

 

2枚目の写真はトップの瞬間です。
ここで注目していただきたいポイントは、肩のラインと目線です。
上方向に向いてしまっているのがお分かりになると思います。
ここからリリースのときにラインが平行か下方向に向いてくればいいのですが、
この状態のままリリースまで行ってしまっています。
こうなってしまうと、力が上方向に逃げてしまうため、
ボールが高めに抜けやすくなったり、低めのボールが弱くなりたれていってしまいます。
ピッチャーから見てキャッチャーというのはまっすぐよりも下方向にいます。
そのため、少し上から目線で投げていくようにすると肩のラインも改善され
強いボールを投げていくことができます。

 

 

この写真は、リリースのタイミングの映像です。
写真上に引いてある線は肩のラインなのですが、
肩のラインより肘が下の位置でボールをリリースしています。
肩のライン上に肘が来ると肩にかかる負担は少なくボールに対して力を加えやすいのですが、
その位置より下で放しているので、ボールに力を伝えづらくなってしまいます。
左肩、右肩、右肘を一直線にすると、リリースの時にしっかりと
力を無駄なくボールに伝えることができます。
さらに、一直線にすることで、肘、肩に負担のかかりにくい投球フォームになりますので、
今まで以上に強いボールも投げることができてくるでしょう。
シャドーピッチングなどで自分のフォームをチェックしながら
キャッチボール、ピッチングを行うようにしていきましょう。

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
腰の開きを改善するための練習方法
∟10往復×2セット

トレーニング動画②
リリースポイントのラインを合わせる練習方法
∟15回×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.