名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 和田 祐輔 様

  • HOME »
  • オンライン解析 和田 祐輔 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現状のフォームについてお伝えします。
まず1枚目の写真はテークバックで左足を一番高く上げた時のものです。
ここで確認していただきたいのが左足の内旋です。
軸足の股関節の割りを作っていく、前に流れていくことを防いでいくためにも
軸足だけでなく、ステップ足の動きも欠かせません。
ステップ足の太ももを内側に締めていくことで、軸足の股関節のタメも作っていくことができます。
その結果、軸足の膝が前に流れていくことも防いでいけます。
ステップしていく時に軸足の股関節だけでなく、ステップ足も締めていくようにしましょう。

 

 

2枚目の写真は、左足を完全着地させた時のものです。
この時に確認していただきたいのが、目線とそこからくる顔の向きです。
赤い線のようにやや上を向いているのがお分かりになるでしょうか?
こうなってしまうと、バットが下から出て遠回りになってしまうため、ミート率が下がってしまいます。
上を向くことで軸足での回転はしやすくなるのですが、スイングの軌道がボールからずれてしまいます。
黄色の線のように目線と顔の向きをまっすぐ投手方向に向けてスイングに入って行くようにしましょう。

 

 

3枚目の画像は振り出し時に左手の腕の使い方です。
この時に左ひじが赤い線のように曲がった状態で
振り出してしまっております。こうなるとヘッドが出てき辛く
後ろが小さくなってしまうのでなかなか強く打っていくことができなくなってしまいます。
また画像のように振り出してしまうとインパクトの時に
ヘッドが下がりやすくなってしまうのでミート力も下がってしまいます。
理想としては振り出していく時に黄色い線のように左ひじが伸びた状態で
バットを出していけるように練習から取り組んでいってください。
そうすることでバットもボールの軌道に入りやすくもなりますし
ミートポイントが増えてきますので打てるゾーンも広がります。
また振り出しからインパクトまでの距離も取れますので
ボールに対して力も伝わりやすくなっていきます。
練習方法では腕の力でバットを引っ張るのではなく
下半身の回転と体重移動の力でバットを出していくイメージで
この練習方法に取り組むよう注意してください。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
ステップ足の締め方を覚えるための練習方法
∟30回

トレーニング動画②
前肘の使い方を覚えるための練習方法
∟10回×3セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.