名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 中村 浩二 様

  • HOME »
  • オンライン解析 中村 浩二 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のフォームで幾つか改善点をお伝えさせていただきます。
まずこちらの画像で見ていただきたいのが前足が完全に地面に着いた瞬間の時の画像です。
この踏み込んだ時に軸足の股関節に体重が残っていないのがお分かりでしょうか?
このように軸足の股関節に残っていない状態で完全着地してしまうと体重移動の力を
インパクトの瞬間にぶつけることができず強い打球を打つことが難しくなります。
そうならないために見ていただきたいのが軸足の膝です。
軸足の膝が矢印の方向に折れてしまうと軸足の股関節の体重は、抜けやすくなってしまいます。
なるべく軸足の膝を残した状態で完全に前足が着地していけるように振り出していけると
体重移動のタイミングと振り出すタイミングが合ってきますので
体が突っ込むことなくスイングしていけます。
突っ込む原因の一つは、この膝を改善していくことで良くなります。
膝を送り込むと言いましたが実際は軸足側の赤い円の部分から回転動作をし、
自然にその回転に膝も付いてくるように回転していくので振り出していく時に
足を回すというよりも軸足の骨盤をインパクトにぶつけていくように振り出していきましょう!
そうすることで体重移動、回転動作のタイミングも合い、
インパクトに力をぶつけていけるようになっていきます。

 

 

2つ目の写真は一枚目同様振り出しの瞬間の画像です。
この時に赤い線のように頭からバットが離れてきて振り出してしまうので
ドアスイングにもなってしまいますし振り出しとインパクトの距離が近くなり
ヘッドスピードが加速仕切る前にインパクトを迎えてしまうので
差し込まれるような感覚に陥ります。
理想としては右腕とバットの角度が黄色い線のように45度くらいになると
一番力が入り、振り出しやすくなります。
トップを作った時にこの黄色い線の位置に腕とバットがくるようにすることで
バットもレベルスイングで振っていけますのでダウンスイングになる原因は
トップを作った時のこのバットの位置にあります。
レベルスイングをしようとしてスイングを平行にしようとしても
なかなか改善できないのはトップの位置が悪いのが原因です。
ぜひトップの位置を改善していただいてレベルスイングで振っていけるようにしていきましょう!

 

最後に3つ目は、フォロースルー時の画像です。
この時に見ていただきたいのが右足側の腰です。
ピッチャー方向に腰が出てしまっているので、
そうすると体が伸び上がってしまいバットを振り上げるようなスイングになってしまいます。
回転した時に右足側のお尻あたりで軸足からの体重移動を受け止め、
壁を作ることでヘッドスピードも上がっていきます。
股関節に入ってくるように腰を回転させることで自然とお尻に力が入りますので
ぜひ添付した練習方法でその感覚をつかんでいってください。
スイングフォームというのは体の使い方です。
体の使い方を覚えることで変化球にも対応できますし、
足を上げた時にふらつくのも股関節に乗せるコツなど体の使い方を覚えれば
自然とバランスも取れるようになっていきます。
まずは、今回お伝えさせていただいた3つを改善していきましょう!

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
割れを作るための練習方法
∟素振り前に30スイング

トレーニング動画②
ヘッドの角度改善のための練習方法
∟50回×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.