名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 中西 晴琉 様

  • HOME »
  • オンライン解析 中西 晴琉 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

現状の問題点においてお伝え致します。
1枚目の写真でご覧になっていただきたいところは左手です。
お悩みのところでありました、「カーブ回転になってしまう」
というところでボールの握り方からカーブ回転になりやすくなってしまっています。
人差し指が中指の方へ向いてしまっているので自然と抜きやすく、
カーブ回転になりやすい握り方をしてしまっています。
人差し指と中指を開きボール全体をしっかりと握ってあげることが大切となります。
そうすることにより2本の指でボールを放すことができるので、
まっすぐでより強いボールを投げることが可能となっていきます。
ですので、ボールを拾う時から意識をし、自然といい握り方をしていくようにしてください。

 

 

この写真は、右足を着いてから投げにいく時の写真です。
見ていただきたいポイントは、軸足を引いていく方向です。
軸を後ろに逃がして投げてしまっています。
これは1枚目のカーブ回転にも繋がりますが、リリースが早くなってしまい、
手がしっかりと返らないところで投げてしまい、結果カーブ回転となってしまいます。
右足が外側に着地してしまっているので、その勢いで体も背中側に
傾いてしまうことが考えられます。
タメた状態からそのまま横移動をしながら地面を押して蹴っていき、
結果上体がつられていく形を覚えていければと思います。

 

 

この写真は、リリースする瞬間です。
2枚目の際にもお伝え致しましたが、リリースが早くなっています。
これも上体が外側に逃げて投げてしまっているために、
うまくキャッチャー方向に向かって押し出せていません。
右足を踏み出す際にグローブを出していくと思いますが、
しっかりとグローブを安定させ、左足の母趾球で地面を押し出しながら
上体がグローブに近づいてくるように投げていけることが理想です。
傾いていくとグローブも外側へと振られていく形となりますので、
コントロールもなかなか安定しにくくなります。
傾きをなくすためにも、グローブの安定性も意識できてくるといいでしょう。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
力を伝えたい方向を意識する練習方法
∟5回×3セット

トレーニング動画②
股関節の動きを覚える練習方法
∟5回×3セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.