名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 岡本 様

  • HOME »
  • オンライン解析 岡本 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のバッティングフォームから改善点をお伝えしていきます。
まずこちらの画像はボールを打つ前のトップに入った瞬間です。
ここで注目していただきたいのはテイクバックの際の軸足です。
軸足がキャッチャー方向に開いてしまっているのがお分りいただけますでしょうか?
このように軸足が開いてしまうと思い切ったテイクバックが取れないだけでなく
力を外に逃がしてしまうことにつながります。
ですので軸足はつま先がホームベースにまっすぐに向いているようにしましょう。
そうすることでピッチャー方向へと下半身の力を引き出すことができるようになっていきます。
腕の使い方はとてもいいのでそのままにしておきましょう。

 

 

2枚目の写真はトップからバットを振り出してインパクトに向かっていく瞬間の画像です。
ここで注目していただきたいのは下半身と上半身の動かし方です。
体重の移動が不十分になっていることがお分りいただけますでしょうか?
そのため回転の軸がなくなり上半身の力だけでスイングをしてしまっている状態です。
そのため上半身の開きが早くなり体からバットが離れるのも早くなり
結果的にバットが遠回りをしドアスイングの状態になってしまっています。
これを改善していくためにはまず下半身で体重移動をしっかりと行い軸を作りましょう。
またその軸に向かってしっかりと骨盤を回旋させていきましょう。
そうすることで現状の腰が引けてしまっているようなスイングが改善されていき
骨盤の移動の後にバットが回って来るようになればバットの遠回りもなくなっていくでしょう。
ぜひ注意をして見てください。

 

 

3枚目の写真はインパクト後の写真になります。
ここで注目していただきたのはバットの返り具合です。
左肩から手首のラインに対してバットがしならず大きくピッチャー方向に
返ってしまっていることがお分りいただけますでしょうか?
このようにバットが早く返ってしまうということはリストの力だけで
インパクトを迎えてしまっていることを表しています。
リストが強いとよく表現をされますが実際にリストの力だけで
バッティングをしても打球は飛んでいきません。
打球を遠くに飛ばすためには遠心力を使うことが欠かせません。
下半身からの体の回転を使いバットをしならせて遠心力を
使うことでヘッドスピードは高まりインパクトに力を生みます。
ですのでこの状態ではインパクトを迎えても極端にバットを返してしまわないように心がけましょう。
そうすることでリストの力ではなく体全身を使った効率の良いスイングを
実現することができ飛距離も伸びていくでしょう。ぜひ実践して見てください。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
軸足の割れを防ぐ練習
∟30回

トレーニング動画②
こねるのを防ぐ練習
∟30回

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.