名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 岩崎 俊雄 様

  • HOME »
  • オンライン解析 岩崎 俊雄 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

現状のピッチングフォームについてお伝えします。
まず、1枚目の写真はトップを作った時のものです。 ここでのポイントは肘の高さです。
お悩みにもありましたが、肘の高さが肩の高さまで上がっていないのが分かると思います。
肘が下がってしまうと体の回転でボールが離れていってしまい、
体の回転速度が遅くなってしまいます。
そうなると、球威は上がらずに、コントロールも安定してきません。
さらに肘がしっかりと上がってこないと、肘、肩にかかる負担も大きくなり、
故障の原因となってきます。
トップの位置の時に肘の高さが肩の高さと同じ位置にきている
ということを確認しながら、日頃のキャッチボールを行いましょう。
肘が上がりきる前にトップができてしまうのは、体が前につっこんでしまうため、
肘が上がってくる時間を作れていないためです。
軸足に体重を乗せて、前足が地面に着くときには重心は軸足側に残すように
日頃のキャッチボールから意識して行うようにしましょう。

 

 

2枚目の画像は前足が地面に完全着地しリリースに行く前の時のものです。
ここでは、トップを作った際のボールを持つ手の位置と頭の距離が少し離れてしまっています。
トップでの肘の高さが影響しており、このような形になってしまっているのですが、
この距離が離れてしまうことにより、腕を出していくタイミングが体よりはるかに遅れてしまい、
肩・肘にストレスがかかりやすくなってしまします。
ボールが頭の近くを通ってリリースポイントに入っていくようにすると
ボールの位置が離れにくくなり、投げるボールが安定してきます。
理想としては、体の前でリリースを行いたいのですが、写真のように手が体から離れてしまうと、
肝心なリリースでのボールへの伝える力は減少します。
腕だけで投げてしまうため、コントロールも安定しにくくなってしまうため、
キャッチボールからボールの位置というのを意識しましょう。

 

 

3枚目は、リリースのタイミングのものです。 写真上に引いてある線は肩のラインなのですが、
肩のラインより上の位置でボールをリリースしています。
肩のライン上にリリースポイントが来ると肩にかかる負担は少なく
ボールに対して力を加えやすいのですが、その位置より上で放しているので、
ボールに力を伝えづらくなってしまいます。
今のリリースポイントでボールを投げていくのであれば、
グローブ側の肩をもう少し下げると、一直線になってきます。
一直線にすると、リリースの時にしっかりと力を無駄なくボールに伝えることができます。
さらに一直線にすることで、肘、肩に負担のかかりにくい投球フォームになりますので、
今まで以上に強いボールも投げることができてくるでしょう。
また、手首が寝てしまっているため、回転がバラバラになりコントロールが安定してきません。
その点も踏まえ、シャドーピッチングなどで自分のフォームをチェックしながら
キャッチボール、ピッチングを行うようにしていきましょう。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
肘の高さが下がらないようにする練習方法
∟10球×2セット

トレーニング動画②
頭とボールの位置が離れないようにする練習方法
∟10球×2セット
(肘にピンポン球くらいの大きさの物を挟んだままボールを投げます)

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.