名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 中谷聡志 様

  • HOME »
  • オンライン解析 中谷聡志 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のバッティングフォームから改善点をお伝えしていきます。
まずこちらの画像はボールを打つ前のテイクバックに入った瞬間です。
ここで注目していただきたいのはテイクバックの際の軸足です。
軸足がキャッチャー方向に開いてしまっているのがお分りいただけますでしょうか?
このように軸足が開いてしまうと思い切ったテイクバックが取れないだけでなく
力を外に逃がしてしまうことにつながります。
ですので軸足はつま先がホームベースにまっすぐに向いているようにしましょう。
そうすることでピッチャー方向へと下半身の力を引き出すことができるようになっていきます。
ぜひ注意してみてください。

 

 

2枚目の写真はトップに入った瞬間です。
ここで注目していただきたいのは体の開きとバットの位置です。
まず体の開きですがトップに入った際の前足と軸足が外に開いてしまっています。
下半身の開きが早いということはバットがすぐに
出てきてしまうため体をひねる力を十分に使うことができません。
ひねりの力を十分に使うために軸足の股関節を
キャッチャー方向に締めた状態で前足を着地をするように
していきましょう。そうすることで前足の開きを抑えることができるようになります。
次にバットの位置ですが現状の位置では体に巻きつかず遠心力がかかってきません。
画像に記した黄色い線の位置にバットがあると体の回転によりバットに遠心力がかかり
インパクトに力が入ってきますのでぜひ意識をしてみてください。

 

 

3枚目の写真はインパクトに向かう前の画像になります。
ここで注目していただきたいのは下半身と上半身のバランスです。
現状のフォームは下半身が十分に回転しておらず、
その不十分な回転のまま上半身が回転をしてしまっています。
インパクトに最大の力を持ってくるには下半身と上半身のタイミングをずらす必要があります。
まず下半身が先行して開いて回転をしていきます。
その後、上半身とバットが遅れて出ることによってスイングスピードは速くなっていきます。
ですので、まずは下半身を十分に回転させることを意識しましょう。
その際に上半身が早く回転を始めてしまわないように注意してください。
早く回転を始めてしまうと下半身の回転が止まってしまい
不十分な回転のまま上半身だけの力でスイングをしなければならなくなります。
また腕だけでスイングをしようとしてしまうとフォームの中で「間」を作ることができず
タイミングを取ることが難しくなってしまいます。
ぜひ上半身と下半身のひねりのバランスをイメージしてスイングをしていきましょう。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
軸足の膝が開かないようにするための練習方法
∟30回

トレーニング動画②
軸足の股関節に乗せるための練習
∟10回×3セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.