名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 井上 様

  • HOME »
  • オンライン解析 井上 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

現状の問題点においてお伝えさせていただきます。
1枚目の写真はテイクバック時の写真です。
このときに注目して頂きたいポイントは背中側に引っ張ってしまっている点です。
テイクバックが窮屈になってしまうと体重移動や腕を振っていく動きがスムーズに行なっていけません。
今のように力をタメる動きを上半身で行なうのではなく、右足に力をタメる意識を持ってください。
体のラインが黄色の線のようになるのが理想です。
上体に意識がいってしまっているのでお尻や膝が前へ突き出ている形になってしまっています。
ジャンプをする時の力のタメ方をイメージしてテイクバックをとるように心がけてください。
そうすれば下半身の力が発揮されるので球速アップに近づいていきます。

 

 

この写真は、リリースする瞬間の写真です。
見ていただきたいポイントは、体のラインが外れてしまっています。
これも1枚目の際にお伝え致しました、テイクバック時に背中側に
引いてしまっているのが原因となっております。
右手を背中に無理に引いてしまっているので
そこから投げようとすると体の軸を外して投げるしかありません。
そうなると手と頭が離れすぎてしまうとコントロールも安定しにくくなります。

 

 

この映像は、リリースした後のものです。
ここで注目していただきたいポイントが姿勢です。 右手から右足にかけて一直線が理想となります。
現在の状況は右膝が折れてしまっています。この原因も上半身の意識が強いためです。
下半身を使って投げるということは右足で地面を押し出して投げていくことです。
この場合では右足は地面を押し出すことができず上体の回転につられて投げてしまっています。
ジャンプする際にしっかりとタメて地面を押し出していくと足が伸びきると思います。
これをピッチングに当てはめると
しっかりと右足で地面を押し出して投げていくと赤い線のように一直線が作り出せていきます。

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
テイクバックの練習方法
∟15回×2セット

トレーニング動画②
前足に体重を乗せて投球する練習方法
∟10球×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.