名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 和田 祐輔 様

  • HOME »
  • オンライン解析 和田 祐輔 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

現状のピッチングフォームについてお伝えします。
まず、1枚目の写真はステップする左足の着地する直前のものです。
ここで見ていただきたいポイントは、軸足である右足の膝の向きです。
キャッチャー方向を向いてしまっているのがお分かりになるでしょうか?
この部分の回転が早くなってしまうことで体の開きが早くなってしまいます。
そのため、コントロールが安定してこなく、ボールも抜けやすくなってしまいます。
左足が着地するまでは、右足のつま先と膝が同じ方向(三塁方向)を向いているように、
足を上げてからステップに入るときにお尻を少し後ろに引くようにステップしていくようにしましょう。
そうしていくことで、軸足の回転の開始が遅くなり、力が伝わりやすいフォームになっていきます。

 

 

2枚目の画像も1枚目と同じく、ステップした左足の着地する直前のものになります。
見ていただきたいのは、グローブをつけている腕の使い方です。
完全に地面に左足が着く前にグローブ側の腕を体の外側に抜けてしまっています。
早めに腕を抜いてしまうと、前肩が下がってしまい肩も開き
上半身が突っ込んだ形になりやすくなってしまいます。
さらに、グローブ側の腕を使えない状態になってしまっているので
ボールを持っている腕のみで投球をしなければなりません。
前足が着くまでは、グローブ側の腕をキャッチャー方向に出してトップを作ることができると、
上半身で壁を作ることもできますし、トップを作ってからグローブを引き付けることによって
体の回転も速くなり、腕がさらに振れます。 グローブ側の腕をトップまでは残すようにしましょう。

 

 

3枚目は、前足が着地した瞬間のものです。
注目していただきたいのは、前足の膝の開きです。
この段階で前足が開いてしまっているということは力が外側に抜けてしまい、
ボールに体重を乗せることができなくなってしまいます。
前足が開いてしまうと、下半身の力を利用することができず
上半身が下半身と一緒に流れてしまいます。
前足の内側に力を入れておくことで膝が外側に抜けなくなり、
下半身のブレーキができるので開きも抑えられ、
さらに腕のスイングスピードも上がってきます。
ですので、前足が地面に着いたら前足の膝の内側に力を入れ、
体の回転を支えるようにすると、前足で軸ができるので投球フォームが安定してきます。

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
肩の開きを抑える練習方法
∟10球×2セット

トレーニング動画②
前膝の割れを抑える練習方法
∟20タッチ×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.