名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 今井 悠馬 様

  • HOME »
  • オンライン解析 今井 悠馬 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

現状のピッチングフォームについてお伝えします。
まず、1枚目の写真はステップした足が着地する直前のものです。
トップを作る前に骨盤が抜けてしまい、下半身に力が溜まっていない
状態になってしまっています。
骨盤が上を向いてしまうと、体の軸もズレてしまうので
バランスの悪い投球フォームになります。
骨盤を後傾させないためには、体重を軸足の股関節に乗せることが大切になってきます。
股関節に体重が乗ってくると、軸足のお尻が張ってきます。
イメージとしては、椅子に座るときのように膝がつま先より前に出ず、
お尻を引きながら体重を落としていく形になります。
そうすることにより骨盤の向きが後傾せず前傾の形ができます。
無駄のない動きでしっかりと体重を下半身に溜めていくには、とても大切な動きとなります。
膝がつま先より出ないようにお尻を後方に引いて体重を乗せる練習を行うようにしましょう。
骨盤が前傾してくることで下半身の力をリリースへ繋げやすい動きになるため、
球威も上がってきます。

 

 

2枚目の画像は前足が地面に着地した瞬間のものです。ここでは肩の開きが気になります。
肩の開きが早くなると、打者にボールが見やすくなり、タイミングを取りやすくなってしまいます。
ギリギリまで自分の胸を相手打者に見えにくくするように意識をすれば、
肩の開きというものは抑えられてきます。
グローブ側の肩をキャッチャー方向に向けた状態をキープし、
そのまま前足を地面に着地するようにしましょう。
そこから下半身の体重移動と回転でリリースに入ることにより、スムーズな投球フォームになります。
そうすることにより、体の壁がしっかりとできた状態で、リリースに入れるので、
より力を入れることができます。
胸を張るという意識はすごく良いのですが、上半身の壁を作るということを意識してもらえば
手元で伸びるキレのあるボールを投げることができます。
日頃のキャッチボールから肩の開きを意識して行うようにしましょう。

 

 

この写真は2枚目と同じく前足が着地した瞬間のトップを作った時のものです。
ここでのポイントは肘の高さです。
肘の高さが肩の高さまで上がりきっていないのが分かると思います。
肘が下がってしまうと体の回転でボールが離れていってしまい、
体の回転速度が遅くなってしまうため、球威は上がってきません。
そこに2つめにお伝えした肩の開きもあるため、頭を上に上げて腕を出そうとしてしまうため、
コントロールは上下にぶれてしまいます。
さらに肘がしっかりと上がってこないと、肘、肩にかかる負担も大きくなり、
故障の原因となってきます。
トップの位置の時に肘の高さが肩の高さと同じ位置にきていることをいうことを確認しながら、
日頃のキャッチボールを行いましょう。
肘が上がりきる前にトップができてしまうのは、体が前につっこんでしまうため、
肘が上がってくる時間を作れていないためです。
軸足に体重を乗せて、前足が地面に着くときには重心は軸足側に残すようにしていきましょう。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
骨盤の後傾を抑える練習方法
∟10球×2セット

トレーニング動画②
左肩の開きを抑える練習方法
∟10球×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.