名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 福岡 青波 様

  • HOME »
  • オンライン解析 福岡 青波 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

現状のピッチングフォームについてお伝えします。
まず、1枚目の写真はステップした足が着地する直前のものです。
見ていただきたいのは、軸足の膝の向きです。
軸足のタメはとてもよいのですが、軸足の膝がつま先よりも前に出てしまっており、
軸足の回転するタイミングが少し早くなってしまっています。
軸足の回転が早くなってしまうと、体がキャッチャー方向に流れやすくなってしまいます。
さらに、腰の開きも早くなってしまいやすくなるので、前足が地面に着くまでは
軸足のつま先と膝の向きがギリギリまで同じ方向を向くように
軸足でタメを作った状態をキープしたままトップに入り、
そこからリリースに入っていくようにしましょう。
そうすることにより軸足に体重を乗せたまま体重移動をして
リリースにいくことができますので、今まで以上に体重の乗った力強い球を投げていくことができます。

 

 

2枚目の画像は前足が地面に着地した瞬間のものです。
体重移動ができず、上に伸びてしまっている状態になります。
そのため、ボールに力が伝わらず山なりの送球になってしまいます。
体重移動とは、股関節の移動してくる距離のことです。
これが取れていないため、上に伸び上がるようになってしまいます。
ステップ幅としては現状の幅で良いのでそこで骨盤を動かしていけるようにしていきましょう。
そうしていくことで、伸び上がりも減り、前の足にしっかり乗っていくことができます。
前足にしっかり乗ってから回転していくことで、指にかかったボールを投げていくことができます。
まずは、この体重移動を覚えていけるようにしましょう。
そのために1枚目でお伝えした点も重要になってきます。

 

 

3枚目の写真はリリース直後のものです。
ここで見ていただきたいポイントはリリース後の腕、指の動きです。
手のひらが左側を向いてしまっているのがお分かりになるでしょうか?
これは、お悩みにもありましたサイド気味に見える、
フォロースルーがスムーズでないという部分での動きです。
リリースで手のひらが投球方向を向いてこないため、そのように見えてきます。
リリースでは手のひらが投球方向に向いてくるようにハイタッチのように出していくことが必要です。
その中で、腕のスイングの中で回旋してくるため、フォロースルーでは親指が下側に向いていきます。
現状では、腕をかいてしまうため、フォロースルーで肘が曲がり、サイド気味になってしまいます。
トップからハイタッチのように腕を出していくと改善していくことができます。
ぜひ、取り組んでみてください。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
軸足の折れを防ぐ練習方法
∟20回×2セット

トレーニング動画②
体重移動を覚えていくための練習方法
∟10球×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.