名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 藪下 勝浩 様

  • HOME »
  • オンライン解析 藪下 勝浩 様

 

burog

 

 

投球−Analyzing−

 

 

現状のピッチングフォームについてお伝えします。
まず、1枚目の写真はステップした足が着地する直前のものです。
トップを作る前に骨盤が抜けてしまい、下半身に力が溜まっていない状態になってしまっています。
骨盤が上を向いてしまうこと、体の軸もズレてしまうのでバランスの悪い投球フォームになります。
骨盤を後傾させないためには、体重を軸足の股関節に乗せることが大切になってきます。
股関節に体重が乗ってくると、軸足のお尻が張ってきます。
イメージとしては、椅子に座るときのように膝がつま先より前に出ず、
お尻を引きながら体重を落としていく形になります。
そうすることにより骨盤の向きが後傾せず前傾の形ができます。
無駄のない動きでしっかりと体重を下半身に溜めていくには、とても大切な動きとなります。
膝がつま先より出ないようにお尻を後方に引いて体重を乗せる練習を行うようにしましょう。

 

 

2枚目の画像は、リリースの瞬間です。
ここでのポイントはボールを持つ手の肘の高さです。
肘の高さが肩の高さになっているのが分かると思います。
肘が前に抜けてしまうと、指先でボールを弾く感覚ではなく、
ボールを押し出すような形になってしまいます。
さらに、肘が下がってしまいますと故障の原因にもなりますので
とても注意しなければならないポイントです。
ですので、肘の位置というのは肩のラインよりも上にくるようにし、
肩のラインより肘が前に出ないようにてください。
そうすることにより、ボールを腕のしなりを使ってボールを弾くという感覚が生まれてきます。
頭が前に突っ込むとリリースポイントは前に来ると思うかもしれませんが、
それではボールに力は伝わりません。
まずは、肘を上げ高い位置でボールを投げる練習から行っていきましょう。

 

 

3枚目の写真はリリース直後のものです。
ここで見ていただきたいポイントはリリース後の腕、指の動きです。
手のひらが左側を向いてしまっているのがお分かりになるでしょうか?
これは、お悩みにもありましたサイド気味に見える、
フォロースルーがスムーズでないという部分での動きです。
リリースで手のひらが投球方向を向いてこないため、そのように見えてきます。
リリースでは手のひらが投球方向に向いてくるようにハイタッチのように出していくことが必要です。
その中で、腕のスイングの中で回旋してくるため、フォロースルーでは親指が下側に向いていきます。
現状では、腕をかいてしまうため、フォロースルーで肘が曲がり、サイド気味になってしまいます。
トップからハイタッチのように腕を出していくと改善していくことができます。
ぜひ、取り組んでみてください。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
前膝の割れを抑える練習方法
∟20タッチ×2セット

トレーニング動画②
肘が下がらないようにする為の練習方法
∟15回×2セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.