名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 和田 祐輔 様

  • HOME »
  • オンライン解析 和田 祐輔 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のフォームで幾つか改善点をお伝えしていきたいと思います。
1枚目の画像は、左足を上げている時のものです。
この画像の赤い線は、軸足からまっすぐ上に引いた線です。
膝がキャッチャー方向に開いてしまっているのがお分かりでしょうか?
このように膝が開いてしまうと重心がキャッチャー方向に体重が残った状態で
スイングしてしまうことになります。
また体重移動がスムーズにできなくなるため、体の開きが早くなり
タイミングを取れなくなることもあります。
そうなると強い打球というのは打つことができなくなりますので、
この膝の向きがキャッチャー側に開かないように前足を下ろしていけるようにしましょう。
膝が安定していくことでバランスも良くなりますので、打ちに行くタイミングなども
取りやすくなり差し込まれることもなくなっていきます。
まずは膝がぐらつかないように足を着地していけるように取り組んでいってください。

 

 

2枚目の画像は左足を着地した瞬間のものです。
ここで見ていただきたいのは、着地した瞬間の左足の締め込みです。
着地がつま先全体でしてしまっています。
そうなると、着地の勢いで前に体が流れてしまいます。
左足を内側に締めるようにつま先の親指側から優しく接地するように着地することで、
着地の衝撃で体が前に流れることなく、軸足に重心を残したまま、スイングに入ることができます。
そうすることで、手打ちになることなく下半身からのエネルギーをインパクトに伝えていくことができます。
着地を強くするのではなく、優しくしていくことで体の突っ込みを抑えていけるようにしていきましょう。

 

 

3枚目の画像は振り出し時のものです。
このときに確認していただきたいポイントはグリップの位置です。
グリップの位置が前に出すぎてしまっています。
こうなってしまうと、腕のスムーズなスイングができなくなってしまうため、こねてしまいやすくなります。
内側から出そうとしすぎると、このようにグリップが前に出すぎてしまいます。
黄色の線を目安に体の前までグリップを出してきたら、
そこからは前にスイングしていくようにしていきましょう。
そうしていくことでこねることも減り、スイングが力強くなっていきます。
こねてしまうことでフォロースルーをスムーズにとってくることが難しくなってしまいます。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
ステップ足の着地を覚えるための練習方法
∟20スイング

トレーニング動画②
スイングのグリップの位置を改善するための練習方法
∟20スイング

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.