名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 森田 様

  • HOME »
  • オンライン解析 森田 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

今現在でのバッティングフォームでいくつか改善点をお伝えしていきたいと思います。
この写真は、振り出し時になります。
ここでは、左足のかかとの浮きが早くなってしまっております。
それによって本来ボールの来る方向に左膝を送り込んで行く必要がある中で
左足のかかとが早く浮くことで左側に溜めた力が上に抜けてしまう形となります。
そうなることで上体でのスイング動作が強くなってしまう傾向となります。
打球の強さを求める上で現状よりも下半身の意識を強く持ち
その中での左足のかかとの浮きを抑えて
左膝の送り込みをポイントにして取り組んでいきましょう。

 

 

2つ目の写真は、スイング過程です。
ここでは、バットの芯の位置です。
スイング過程の中で手が早く出てしまい
バットの芯もボールに対して早く出てしまう形となってしまいます。
それによってボールの上っ面に当たりゴロになる傾向が多くなっていきます。
手が早く出ることで写真のタイミングの際
バットの芯がボールに対して斜めで入っていく傾向が大半を占めていきます。
打球を上げていくには、バットの芯がボールの後ろから入っていく必要があります。
真っ直ぐステップした赤色線と平行にバットの芯が黄色線のように
ボールに対して運ばれていくことが重要になります。
左手でバットを支える部分を意識し
左手と左肩の距離が離れていかない中で動作を取っていきましょう。

 

 

3つ目の写真は、左膝の位置です。
1枚目の左足のかかとの浮き、2枚目の手の出の速さの連動によって
前に送り込まれる左膝が最終的にインパクト時の位置より高く伸び上がってしまいます。
腰と膝の高さは最後まで平行を保たせて動作を取っていきましょう。
それによって力を無駄なくボールに伝えることが可能となっていき
ロスなくスピードとして動作を活かすことが出来ます。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
後ろ足を浮かさない為の練習方法
∟10回×5セット

トレーニング動画②
バット、手の位置を確認する為のトレーニング
∟30回×3セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.