名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 井上 浩二 様

  • HOME »
  • オンライン解析 井上 浩二 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現在のフォームで幾つか改善点をお伝えしていきたいと思います。
構えの時に突っ立った状態で膝が伸びきってしまい、軸足がそのままの状態で
足を上げてそのまま打ちに行ってしまいます。
そうなると、下半身が踏ん張れず強い打球が打つことが難しくなってきます。
突っ立った構えでも足を下ろして前に体重移動を行う時に、膝が曲がっていき
打ちに行けば問題ないのですが、井上様の場合、軸足が突っ立った状態で
インパクトまで行ってしまいますので構えの時点から、
つま先より膝が出ない程度に膝を曲げて構えるようにしていきましょう。
そうすることで下半身も使えバランス良く足も上がっていきますので、
安定したスイングができるようにもなっていきますので、
素振りの時から意識して取り組んでいくように心がけてみてください。

 

 

2枚目の写真は、前足を着地させた瞬間のものです。
前足を着地させた時に前足のつま先がピッチャー方向に
開いてしまっているのがお分かりでしょうか?
前足を着地した時にすでにつま先がピッチャー方向に開いてしまうと
上半身(肩)や腰もインパクトの瞬間に開きやすくなってしまうのです。
インパクトの後にスイングの回転の勢いでつま先がピッチャー方向に
向いてしまうのは問題ないのですが、インパクトの前につま先がピッチャー方向に開くと
体が早く開いてしまいアウトコースも遠くなりますし、バットも出てくるのが遅くなってしまいます。
ですので、足を着地させた時にはまだつま先がホームベースの方向に向いているように
足を着地させていきましょう!
そうすることでさらなる飛距離アップ、ミート力アップにもつながりますのでぜひ取り組んでみてください。

 

 

3枚目の画像は、右足を着地した瞬間のものです。
ここでのポイントは、頭の動きです。
スイング過程での頭の動きを抑えて動作を運ばせていく必要があります。
ここでは、振り出しからの頭の位置からスイング時に頭が動いてしまうことで
インパクトまでの距離が詰まってしまう原因ともなっていきます。
頭の動きによって詰まってしまう距離をカバーする為に
上体、手を早い段階で出さなくてはいけません。
それによって下半身の力を利用することが動作の中で難しくなってしまいます。
いかに振り出しからの頭の位置を抑えることが出来るかが重要となっていきます。
よりスピード生み出す上でも頭の動きを抑えることは欠かせません。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
前足のつま先が開かないようにするための練習方法
∟20回

トレーニング動画②
頭の位置が動かないようにするための練習方法
∟20スイング

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.