名古屋市で野球教室 野球の個人指導をお探しなら!動作解析のBASEBALL ONE

オンライン解析 小川 様

  • HOME »
  • オンライン解析 小川 様

 

burog

 

 

打撃−Analyzing−

 

 

現状の問題点においてお伝えさせていただきます。
1枚目の写真はバットの振り出しの瞬間です。
ここで注目していただきたいポイントは左膝です。
振り出す瞬間に左膝が開いて出てしまっています。
そうなってしまうとスイングもレフト方向へ振りやすくなってしまい、
アウトコースが打ちにくくなってしまいます。
逆にインコースは打ちやすくなりますが、左膝が開いているため力が逃げやすいので
甘いボールでもボールの上をとらえてしまいショートゴロも多くなってしまいます。
膝の向きは変わらずホームを向いたまま左足を出していくことが理想となります。
そうなると左足が踏ん張りやすくなり、力が逃げずにボールをとらえやすく、
力強く打つことができます。

 

 

この写真はボールをとらえる瞬間の写真です。
ここで注目していただきたいポイントが左肘です。
左肘を引いてバットを出してしまっているため、グリップがどんどん出てきてしまい、
肝心なヘッドの部分が出てきていません。
なので速いボールに差し込まれやすくなってしまいます。
グリップに力を入れてバットを出していくのではなく、ヘッドに力を入れながら
スイングしていただきたいです。
イメージはペンを振り、曲がっているように見える動きです。
その動きも指でつかんでいるところが動かずに先端が動いているので曲がっているように見えます。
スイングも同様でグリップというものはなるべく動かずにヘッドを走らせて振っていくことで
ボールに力を伝えやすくなります。

 

 

この写真はフォロースルーの瞬間です。
ここで注目していただきたいポイントが右足です。
フォロースルーに入っているにもかかわらず、右足が残ってしまっています。
本来、上半身と下半身は連動していきたいのですが、上半身先行で下半身が機能されていません。
右足のかかとを上げ、右足のつま先(拇指球)で回ってあげることによって
上半身やバットも後ろからついてきてくれます。
しかし現在のスイングでは、足を使わず上半身をねじってスイングをしてしまっているので
窮屈になってしまっています。
右足を使っていくことによりボールをとらえやすく、
また下半身の力は上半身と比較すると強いので、打球も強く打っていくことができます。

 

連続写真を
印刷される場合はこちらからダウンロード下さい。

ダウンロードする

 

練習方法

トレーニング動画①
前足の膝の開きを改善するための練習方法
∟20スイング

トレーニング動画②
前肘の使い方を覚えるための練習方法
∟10回×3セット

 

送付致しました解析内容に
ご質問がございます場合は
こちらよりお問い合わせ下さいませ。
尚、お電話でのご質問は受付しておりませんのでご了承下さい。
スクリーンショット 2017-05-15 17.17.25

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 052-629-4313 営業時間 平日 11:00~22:00
土 16:00~22:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © BASEBALL ONE All Rights Reserved.